2010年09月01日

回来了☆

昨夜、北京に戻って参りました☆

北京、涼スィ〜〜〜〜〜〜!

実家は東京でも超神奈川寄りなため、成田に行くのに所要3時間!フライトの5時間前に家を出るってどうなのよっ?!
電車の乗り換えの度に汗ダクダク。
成田に着くまでに、黒いパンツのウェスト部分、塩が吹いてたYO!マヂで。
東京、暑すぎ!

そして、成田空港で某北米系航空会社D航空の日本人スタッフの態度の悪さに呆れ果てる。(ほぼ全員なので、これは社の教育の問題?)
同じ態度を中国人スタッフにされたら、まぁ仕方ないと我慢するのだけど、日本人からあのような慇懃無礼な対応を受けると、すごく腹が立ってしまう。
いや、今では中国の航空会社も以前に比べたら対応がだいぶ良くなったりしているので、あのD航空の態度は激しく酷い。
今時、日本国内基準では、バイトの高校生でもあんな対応はしない。あり得ない。
北米のサービス基準を思い知らされる。
あ〜・・・今後は羽田から日系航空会社に乗りたい・・・!(その為には稼がなくちゃ!)

で、思った通り、北京に着いたら空気が軽い☆
湿度が低いって素敵♪

家に帰ってネットを接続。やっぱりFC2も開かない、ツイッターもできない。
あ〜北京だなって実感。

+++

北京戻り1日目。
本日行ったこと。

1.派出所での臨時住宿登記手続き。

中国外から戻って来た時には、入国24時間以内に管轄の派出所に行き「臨時住宿登記表」を発行してもらわなくてはならない。
これは、ホテル以外の場所に外国人が宿泊する場合は、1泊でも必ず行わなくてはならない手続き。
(ホテルでは、チェックイン時にホテル側が行ってくれている)
空港の出口のところにも各国語(含 日本語)で表記されているけど、目立たない場所なので、誰も見ていないよね。

まぁ、実際には友達が泊まる程度の場合は問題が無いのだけど、その事実が“こーあん”の人に見つかると、一応法律違反ということになる。
オリンピックの前や、去年の60周年建国記念の直前は”こーあん”が家庭訪問をして臨時住宿登記のチェックを行っていた(ウチにも来たよ)。普段は行わないからまず大丈夫だと思うけど、一応、そういう法律がある、ということは知っておいた方が良い。

ちなみに、サービスアパートメントに住んでいる場合は、入居の段階で不動産会社が管理会社にその手続きをしてくれていると思うし、居住期間に中国から出たり入ったりしても、外国人が殆どのサービスアパートメントを“こーあん”がチェックすることはまず無いので、この件についてはあまり心配しなくてよいと思うけど、ローカルマンションの人は、毎回自分で行わなくてはならない。

実際には、ビザがちゃんとあれば、この手続きで滞在規則違反になるというのはちょっとおかしいと思うのだけど、オリンピック前に実際にこの件の違反で強制帰国させられた日本人がいたと聞いているので、ビザとともに登記チェックと登記有効期間チェックは留意しておいた方が良い。

必要書類は、以下のもの。

1.パスポート
2.パスポートの顔写真のページとビザのページのコピー
3.居住している物件の居住証明(マンションの管理部門に発行してもらう)

100901_bj(13).JPG

4.長期的に住む場合、初回の場合は、大家のパスポートのコピーや物件の所有証明等が必要。(この辺は不動産会社にお願いした方が良いと思う)

100901_bj(12).JPG
これが「臨時住宿登記表」
更新の場合は、1〜3の書類を持って行けば、スムーズに手続きしてもらえる。はず。
必ず、中国入国24時間以内にね!

+++

2.昼食

臨時住宿登記がスムーズに済めば、取りあえず役所手続きは完了で、一安心。

昼食は、いつもの店で。

100901_bj(2).JPG
ウチのメインダイニングである「食苑小厨」。
[入の下に水]面(cuan1 mian4)」 具はトマト卵で。
*“[入の下に水]”=さっと煮るという調理方法
この店、麺が手打ちで旨い!
トマト卵炒めは、卵をネギ油で炒めているのか、香ばしくてこれもまたグッド!
これで8元(約100円)とは、素晴らしすぎ☆
結構大盛りなので、食べすぎ注意。

100901_bj(3).JPG
この店のcuan mianの具で一番美味しいのは、「肉絲茄子」だと思う。
(細切り肉と茄子)
同じく8元

100901_bj(5).JPG
麺に具をかけたところ。

100901_bj(4).JPG

100901_bj(6).JPG
豆腐絲白菜心[dou4fu si1 bai3cai4xin1] 5元(63円)


「豆腐絲」は日本に無いので説明しにくいけど、イメージとしては、木綿豆腐の外側の固めのところだけを薄くスライスして、更に千切りにしたような大豆製品。
これと、白菜の芯の部分を塩と唐辛子の効いた胡麻油でさっと和えた涼菜。

こういうシンプルな料理が、なんとも旨いのが北京の家庭料理。

2人で以上を食べて、合計21元(263円)。

北京はやっぱり素晴らしい☆

@@@

《食苑小厨

北京市朝陽区麦子店棗営南里1号
果物屋などが並んでいる通りの「京客隆」側
*超普通のローカル食堂なので、わざわざタクシーで行くほどの店ぢゃありません。

ph;010-6508-4567

+++

3.夕食

スーツケースの中身の整理で大変なため、夜も外食。

いや、忙しくなくても、北京に戻って来た第一日目の夜は、宝源餃子屋に行くと決まっている。
しばらく食べないと、ここの料理に飢える。

最近はこの店、混み過ぎでピーク時には並ぶほどなので、オーダーもメニューを見ないで、待っている間につい、「いつものヤツ」を頼んでしまうため、正式料理名と値段はわからなくてスマソ。

100901_bj(10).JPG
紅薯粉[hong2shu3feng3]の炒め物
地味メニューだけど、この店でイチオシの料理!
シンプルなのに、めっちゃ旨い!
「紅薯粉」(サツマイモ粉)で出来た春雨みたいな麺の食感にハマる!
メニュー本の一番後ろあたりに写真付きで載っている。


100901_bj(7).JPG
肉片悶扁豆[rou4pian4 men1 bian3dou4]
インゲンと豚肉の炒めもの
これもイチオシメニューなのだけど、今はメニュー本に載っていない裏メニュー。
数年前のメニューにはあったので、古い店員だとオーダーを受けてくれるが、
新人さんだと「無い」と言われてしまうので、これを注文するのはちょっと難易度高し。
「あるはず!(応該有!)」と言えば、たぶん作ってくれる。
今のメニューにあるのは、「干扁四季豆」の方で、こっちも美味しいのだけど、
わたしはインゲンが柔らかくて甘くなっている“悶”の方が好きなのだ。

100901_bj(9).JPG
餃子
店が忙しい時間帯は、最低オーダーは2両(12個)〜。
忙しくないと、1両(6個)でも受けてくれる。

100901_bj(8).JPG
腊肉辣椒花生[la1rou4 la4jiao1 hua1sheng1] の餃子
「腊肉」はベーコンというか、中国式燻製肉。
「花生」はピーナッツ、「辣椒」は辛いピーマン。
燻製肉の旨みに、ピーナッツのカリカリ感、そこに辛いピーマンの刺激が効いて、
日本人の想定している餃子の域を超えた餃子。

100901_bj(11).JPG
超定番の、豚肉とネギの餃子
(猪肉大葱[zhu1rou4da4cong1]
餃子の餡は、行きつくところ、やはり定番・シンプルなところに。

この店の、わたし的餃子の餡のお勧めは、「豚肉レンコン(猪肉蓮藕)」「豚肉インゲン(猪肉扁豆)」と上述の2種。
あとは、セロリ(芹菜)の餃子も美味しいのだけど、相棒がセロリNGなので、普段はオーダーしない。

他にも美味しい餃子や料理はたくさんあるのだけど、いつも混んでいるので、早く食べたいから、メニューを見ないで覚えている料理をオーダーしてしまうため、店の女の子に「メニューが変わったから、たまには新しい料理も食べなさいよ」と言われた。
今度、空いている時間帯に行ったら、新しいメニューもちゃんと食べてみよう。

ちなみに、この店のピーク時間帯は・・・

18時半〜 中国人ピーク
19時半〜   日本人ピーク
20時半〜  欧米系ピーク

の3本立てになっている。(ここ1年ぐらいの統計)

日本人客が意外と多いので、ローカル店だと思って日本語で大きな声で話していると、周囲に聞かれている可能性が高いので要注意。

本日のお会計は、料理2品+餃子4両(24個)+ビール1本+ジャスミン茶=97元(1213円)也。

+++

《宝源餃子屋》

北京市朝陽区麦子店街6号

*麦子店街 龍宝大廈の前の道を南へ。
永安賓館(如家)からだと北へ。
道沿いにあるので、看板を探しながら行くとわかる。
《宝源》の隣の《川院》も同じ店なので、混んでいるときはこちらへ入ろう。

ph;010-6586-4967 
11:00〜23:00

@@@

北京に戻って来ると、いつもアイスクリームを買っているタバコ屋夫婦や、コピー屋の女の子や、食苑小厨」や「宝源」の女の子達が、「戻って来たのね!」と言ってくれるのが、なんとも、なんとも嬉しい。(ToT)

あ〜・・・もうこっちがHomeなのかも・・・と思ってしまう。
だって、日本には、「戻って来たのね!」って言ってくれるような人がいる店なんて、もう無いもの・・・。

@@@

次回から、再度「WebShop立ち上げ日記」に戻ります!

+++

【旧ブログへのリンク】
*中国からは現在アクセスできません。

《週刊中国的生活》 
index:レストラン 
《週刊中国的生活》 index:中国茶 
《週刊中国的生活》  
index:北京おもしろSpot 
《週刊中国的生活》 
index:料理《胡同食堂*菜単》 

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村 





posted by ともこ at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 麦子店街裏ミシュラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。