2011年06月22日

大阪のホットドッグが食べたい!@北京

ネットでふらふらいろんな記事を読んでいたところ、「大阪のホットドッグ」の内容に心がロックオン!

大阪のホットドッグに挟まっているのはカレー味の炒めたキャベツ。

その文章を読んだとたん、「大阪のホットドッグ、食べたい〜〜〜〜!」という欲望が。

わたしは2〜12歳まで大阪に住んでいたのだけど、如何せん子供時代。
自分で買い食いなどできない年齢だったので、ホットドッグの記憶は殆ど無い。
ホットドッグを外で何度も食べているはずなのだけど、キャベツがカレー味だったかどうかまでは、残念ながら覚えていない。

しかし、B級グルメ好き魂が、この「カレー味のキャベツ」という、如何にもB級な具材に囚われてしまった。

あ〜食べたい!

・・・ってことで、作りましたよ。

コッペパン。


ホットドッグを食べたいなら、まずここからね。

@@@

ところで、「コッペパン」って、「食パン」ぐらい変な言葉じゃない?


「コッペ」って何よ???



ってことで、調べてみた。

+++

コッペパン( : coupé + : pão)とは、日本で生まれた紡錘形で底の平たいパン
コッペパン」という名称は和製外来語で、フランス語とポルトガル語から成る合成語である。
コッペパンの「コッペ」は、フランス語で「切られた」を意味する「coupé」が訛った物とされるが、「コッペパン」という名称がいつ頃から定着したかは不明とされている。

wikiより

+++

ほほ〜。

「コッペパン」は日本生まれのパンだったんだね。

年がバレるんだけど、わたしが小学生の時代は、まだ米飯給食が始まっていなくて、給食と言えば、食パンとコッペパンが交代で出て来ていた。
だから、コッペパンと言えば、給食のパンだよね〜。

でも、コッペパンが日本生まれのパンなら、本物のホットドッグのパンは、コッペパンじゃないんだね。

ってことで、ホットドッグのパンについても調べてみたよ。

+++

ホットドッグ用のバンについては、北米では柔らかく甘みのあるやや角張った小さめのものが用いられるのに対して、日本ではコッペパンを小型にしたような形状のロールパンや、表面の固いフランスパンのような生地のものが好まれる傾向にある。

昭和の時代には日本でも移動販売車や駅構内などのスタンドが数多くあり、小型のロールパンに赤いウインナーとカレー粉で炒めたキャベツなどを挟んだものがホットドッグとして売られていた(ドイツでも、カレー味の味付けとソーセージの組み合わせであるカレー・ヴルストという屋台料理がある)。    

wikiより

+++

ほほ〜。
やっぱり、日本でホットドッグはコッペパン的なものの中に入るようになったんだ!
でも、IKEAのホットドッグのパンは、かなり日本的だよね〜。

気になることは多いけど、ここまで来ると、もうかなりホットドッグが食べたくなってくる。

作ったよ〜。

コッペパン。

今回参考にさせて頂いたのは、このレシピ♪

Cpicon コッペパン by るってぃ


まずは、ホームベーカリーで生地を捏ねて・・・

20110622_1.JPG
天板に並べて二次発酵。
今は気温が高いから、良く膨らむ!

20110622_2.JPG
良い感じに膨らんだ♪


20110622_3.JPG
できた〜〜〜!

@@@

作ってみると、意外と簡単にできた♪

このレシピは優秀で、簡単にできて、しかも美味しい!
ホットドッグを作っても、ソーセージの味に負けず、「パンが旨い!」って思える味がする。


20110622_4.JPG


さっそく、キャベツをカレー粉で炒めて、ちょっとだけウースターソースを隠し味に入れて、「大阪のホットドッグ」を作った。


20110622_5.JPG



向こう側にあるのは、ポテトサラダ入りコッペパン。
これも美味しいんだよね〜。
焼きそばパンも美味しいよね〜。
コッペパンに挟むと、何でも美味しくなるんだよね。

大食いの我々は、ランチがパン2個じゃ足りないかと思ったのだけど、意外とお腹が膨れた。
ちなみに、右に写っているのは、トマトの冷たいスープ。
トマトのスープについては、後日またUPします。

IKEAでホットドッグを食べると、ソーセージしか入っていないのが、却って飢餓感を煽るんだよね。
せめてみじん切りのタマネギでも入っていればいいんだけど。
でも、やっぱりこの“カレー味のキャベツ”、いいわ〜。

@@@

今回、「コッペパン」を調べていて、新たなトリビア(←古すぎ?)発見!

+++

広島県呉市・広島市・大竹市・三原市ではコッペパンといえばメロンパンのことを指す。
呉におけるメロンパンはアーモンド型(紡錘型メロンパンとも)をしていて、中にはカスタードクリームが多量に詰まっていて重みがあるパン。
山口県東部(柳井以西は除く、柳井以西ではコッペパンはコッペパン、メロンパンはメロンパンと言う)や愛媛県松山周辺でもコッペパンといえばメロンパンのことをさす。


wikiより

+++

初めて聞いた〜!

コッペパン、深し!

+++
粉に関するお問い合わせが多いので、今回も書いておきますね♪

【北京での小麦粉の入手方法】

日本人が多く住んでいる公寓内のスーパーや、ライオンマート、フレッシュネス、BHGなどでは日清の薄力粉が売られているが、お値段は高め。

なので、わたしは、三全公寓内Q'sカフェでカナダ産の小麦粉を購入しています。

▼強力粉(高筋粉) 500g 5元
▼薄力粉(低筋粉) 500g 5元

以前は要予約だったけど、最近は500gの小分けを既に作っておいてくれているので、よほど大量で無ければ、店頭で買えます。


+++


top_banner(S).jpg
中国茶と雑貨の日本向けWebShop オープンしました♪ 

 
CTC05_all_1_logo.jpg
業務用デザインが魅力的♪
スチール茶缶

+++

【notice】@北京

[北京在住の皆様]
中国茶オリジナル詰め合わせ等のオーダー(*)を承りますので、御要望がございましたらご連絡くださいませ。

*例:ご帰国の際などのお土産用に、50元のお茶詰め合わせ×5個、というようなオーダーも承っております。(合計200元〜)
お茶の種類やパッケージについて、ご予算に依って御相談・御提案させて頂けますので、お気軽に御連絡下さい。
わたしの方からも、いくつか御質問をさせて頂き、御購入者様やお土産を受け取る方のイメージにできるだけ合うようなお茶をセレクトし、パックにいたします。
店頭取り扱いの無い、工芸茶(お湯を注ぐと花が広がるお茶)等も組み合わせることが出来ます。
お土産のネタ切れ!の方、是非ご利用ください♪

※オーダーの場合は、お渡し日の10日前ぐらいまでに御連絡ください。

ご連絡先→lotushouse.tea☆gmail.com(☆を@に変えてください)



にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村 

にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ
にほんブログ村






posted by ともこ at 14:00| 北京 | Comment(2) | TrackBack(0) | キッチン(料理) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あ、移った感じ。私も作ります。やっぱり、ぐっと来ますね、カレーキャベツ。
Posted by つるるん at 2011年06月23日 10:22
>つるるんさん

グッと来るでしょ?カレーキャベツ!
時々ムショウに食べたくなって、リピートしてます!
Posted by ともこ at 2011年06月24日 12:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。