2011年08月31日

北京の産科病院事情&24w検診@北京

北京に戻って来てからも、長々と続いておりました日本日記は終了し、北京日記に戻ります!

@@@

先日、24w検診に行ってきました。

わたしは北京の産科しか行ったことが無いので、日本の検診とどう違うのかわからないのだけど、北京ではこんな感じですよ〜ってことで、北京での出産を考えている方の参考になるようにと、自分の記録としてUPしておきます。

※以下、わたしが今までに周囲の方などから見聞きした情報を書いているだけですので、必ずしも正確ではないかもしれません。
各病院の正確な情報は、その病院で出産された方にお聞きしたり、直接病院に行って確かめて見て下さいね。

わたしが通っている病院は、リドホテルの近くにある「amcare 北京美中宜和婦児医院」です。

201108_amcare6.JPG


北京でのこの病院の位置づけを簡単に言うと・・・

日本人が北京で出産を考える場合、大きく分けて3種類の病院が候補になると思います。

1.
ローカル系病院の国際部病棟・・・協和病院、中日友好病院など。

2.超豪華外資系病院・・・ユナイテッドファミリー病院など。

3.1と2の中間に位置する、北京の富裕層が来る病院・・・amcare(中国とアメリカの合資)など。

その他に、1より更にローカルな、一般婦産科病院で出産される日本人の方もいらっしゃいますが、中国語ができる経産婦さんや、中国人の方が親族にいらっしゃる方になり、上述3つに比べるとあまり一般的な選択ではないかもしれませんので、普通はこの3択になるかな?と思います。

1の選択の場合、言語は基本的には中国語だけになるのではないか、と思います。
また、国際部とは言っても、実際には中国人の方が殆どなので、受付も長蛇の列で、診察中にも割り込みで次の人が勝手に入ってきたり、看護師のホスピタリティもあまり高くない・・・など、雰囲気はまぁ、中国的ローカルです。

ただ、中日友好病院は衛生部(=厚生労働省)直轄病院であり、協和も非常にハイクラスな病院なので、医師及び看護師のテクニカルな腕前は一流と言われています。
(中日友好病院は、名前の通り日本のODAで作られた医療施設なので、医師・看護師で日本語を話せる方もいます)

2は、駐在の方などで、会社が経費を負担してくれるような方でないと、ちょっと経費的に厳しい病院です。
ユナイテッドの場合、英語や日本語の通訳が常勤しています。
中国人では、かなりのお金持ちの方や芸能人が出産に使っています。(フェイ・ウォンもここで出産したんじゃなかったっけ?)
料金比較で言うと、例えばユナイテッドでは、超音波検査1回で1300元(約16900円)かかるそうです。

3は、最近北京でも増えている、まさに「1」と「2」の中間に位置する病院で、マイカーを持っているような、中国の富裕層が来ています。
医師は北京の有名産科病院から来てもらっているので、医師の腕も一流です。
完全予約制で、受付や診察で長時間並ぶことも無く、看護師のホスピタリティも1よりはずっと良いです。
amcareの場合、英語と韓国語の通訳はいるそうですが、日本語は通じません。
料金比較で言うと、例えばamcareでは、超音波検査1回で360元(約4680円)かかります。
ユナイテッドの3分の1程度、って感じでしょうか。
(ちなみに、ユナイテッドとamcareの産科は隣同士にあります!)

@@@

わたしは高齢出産の初産ということと、筋腫合併妊娠ということで、検診の度にイライラしたり、出産前に不安になったりしたくないために、3のクラスのamcareを選択しました。(中国のローカル病院でさせられるイライラ度はよく知っているし、それに、病院の照明が暗いのがあまり好きじゃないんですよね…)

amcareの場合、検診のセットメニューがあり、これを事前に購入すると、都度払いより12%オフになり、その後、オプションでかかる費用(鉄分のサプリ等)も同率が適用されます。

以下、2011年8月現在の価格です。

*検診セットメニュー*
12w〜40w3dayまで 全14回 (内超音波検査6回) 12,545元(約16万3085円)→12%オフで 11,040元(約14万3520円)
※早産や緊急帰国などで、全セット受診しなかった場合は、返金制度あり。
検査内容の詳細は、病院受付に行くと、表になったものを貰えます。(「産前検査套式計画」)

*分娩セットメニュー*
▼自然分娩(3泊)・・・自然分娩にかかる費用及び、出産当日から計算して3晩の入院費用 31,320元(約40万7160円)
▼計画帝王切開[予定帝王切開](5泊)・・・医師の指示に依り帝王切開をする場合。
術前1晩、述後4晩の入院費用、通常手術にかかる費用、麻酔の費用等 43,850元(約57万円)
▼希望帝王切開(5泊)・・・妊婦が帝王切開を希望する場合。
(同上)  50,100元(約65万円)

※上述の費用は、「スタンダードルーム」(完全個室)の場合で、「ファミリールーム」「VIPルーム」になると更に値段が上がります。部屋を見せてもらいましたが、「スタンダード」でも、完全個室、母子同室で、付き添い用のソファーベッド完備。部屋の中にシャワーやトイレもあり、ちょっとしたホテル並みの環境です。
ここは新しい病院なので、清潔さもバッチリです。
「ファミリー」は、ベランダがついていて、「スタンダード」より若干広く、VIPは見ていないのですが、普通は「スタンダード」で充分だと思います。

※4か月前の申込で、12%オフ、2か月前で8%オフ、1ヶ月前で5%オフの優待あり。

※帝王切開→中国語では「剖宮産[po1gong1chan3]」

@@@

国際部などのない、所謂本当のローカル病院での出産の場合、検診も入れて3000元(約4万円)だったという話も聞きますので、そこから考えるとamcareでもかなり高いと言えます。

ただ、最近では国際部のある病院も値上がりしているので、協和や中日あたりだと、日本円で30万円前後(←恐らく検査セットも含めて・・・だと思いますが)はかかるという話も聞いています。
当然ながら、ユナイテッドだと、もっと高いわけです。
この幅に、中国の格差社会を感じますね・・・。

この費用を見ると、amcareは経済的には結構負担が大きな病院ですが、ここ数年人気が伸びている病院で、

・病棟が新しくてきれい。
・スタッフがとても親切。
・医師も看護師も外国人慣れしていて、中国語での説明がよく理解できない時や質問事項があるときには、こちらの質問にいやな顔もせずに丁寧に答えてくれる。

という点で、とても安心して受診できます。
医師も、本来の所属病院(有名産科病院)だと、長時間並ばなくては診て頂けず、そういう病院では診察時間も短いということなので、腕の確かな先生に時間をかけて丁寧に診て頂けるので、わたしは満足しています。

実際に、中国の産科病院の回転率はハンパなく、医師や看護師が取り上げている新生児数も日本ではあり得ないほどの数だそうで、しかも一人っ子政策(中国語的には「計画生育」)なので、出産にに対する親の要求も厳しいため、中国のある程度のクラス以上の病院は、技術的には安心して良いと思っています。
(中日友好病院の帝王切開の縫合技術は、日本だと「神の手」レベルの医師が普通にいるらしい・・・←中国では帝王切開は比較的一般的みたいなので、こなす数が違うらしい。)

ただ、日本語で対応してもらえる病院はまだ多くないので、中国語か英語で診察OKなら、協和・中日(日本語はまぁまぁいけるのかなぁ・・・詳細不明)・amcareあたりは充分OKな病院なんじゃないか、というのが、周囲の方のお話も聞いた上での、わたしの感想です。

◆日本での産前検診などの自治体からの補助については、過去日記に少し書いています。
▼過去の関連記事
母子手帳と母親学級。
両親学級。

201108_amcare1.JPG
病院受付。
まるでホテル・・・。

201108_amcare5.JPG

病院ロビー。

201108_amcare4.JPG
待合室。
混んでないし、めっちゃ綺麗です。

201108_amcare9.JPG

薬局。

201108_amcare7.JPG
ここで産んだ人の写真。
芸能人も結構いるようです。


201108_amcare2.JPG
採血をした後は、軽食チケットを貰えるので、
このカフェで無料で食べられます。
Paris Baguetteのパン1個+牛乳1杯+ゆで卵1個。
これが結構楽しみだったりする♪


201108_amcare3.JPG

屋外席もあり。
フェンスの向こうは四得公園。


201108_amcare8.JPG

なぜか毎回、ショーグンが半分食べる・・・。

そうそう、中国の産科では、ほぼ100%の方が旦那サン同伴で来ています。
旦那サン同伴でなければ、お母さんか家族らしき誰かが毎回同伴しています。
1人で来ている妊婦さんはまずいないなぁ。
1人の妊婦さんに3人ぐらい付き添いがある人も珍しくないです。
基本、旦那サンが一緒に来るみたいです。
これはいいことだなぁ、と思います。


@@@

今回の24w検診の内容は、血圧や脈、体重などを測る普通のチェックのあと、

・B超(超音波検査)
・血常視(血液検査)
・尿常規(尿検査)
・口服葡萄糖耐量実験(OGTT)

を行いました。

前回の20w検診では、B超で胎児の右脳・左脳、右心室・右心房・左心室・左心房が正常にわかれているか、背骨の状態、内臓の様子などをくまなくチェックしたのですが、今回はセカンドオピニオン的に、前回と違う検査技師が同じ項目のチェックを行う、という内容でした。
前回の時は、「この検査で全ての異常が発見できるわけでは無いということに同意します」という同意書にサインさせられました!
日本でもこういう同意書、あるのかしら?・・・という以前に、こういうチェック項目、あるのかしら?
一人っ子だから、こういうチェックが厳しいような気がします。

わたしの身体の中の、胎児の体の中の、臓器を映像で診るって、マトリョーシカみたいで不思議でした。
ちなみに、今の段階で異常は見られず、全て順調♪
多少大き目な子で、25w+1dayの成長状態だとか。
(わたしも、大分お腹が目立ってきてますが、体重は7ヶ月目で+4Kg。まぁまぁの出来ですよね・・・?!)

@@@

今回の目玉(!)は、「口服葡萄糖耐量実験」、つまり、砂糖水を飲んで、血糖値をあげて、どの程度下がるかを診る検査。
空腹で病院に行き、採血をしたあと、5分以内に75gの砂糖を溶かした水を一気飲み。

ぐわ〜・・・

冷やししるこ程度の甘さで、我慢できないほどではないけど、空腹にイッキだから、後々気持ち悪くなってくる・・・
日本で、こんな非人道的な検査、しませんよね・・・

その後、1時間後と2時間後に採血。
その間、水も飲んではいけないので、苦しい。
もちろん、空腹。

まだ結果は聞いていないけど、わたしは今まで糖尿病関連で引っかかったことは無いし、一族で糖尿病の人もいないので、遺伝的にも大丈夫だと思うんだけど。

この検査は苦しかった〜。

@@@

次回検診は、1カ月後の28wです。

@@@

top_banner(S).jpg

中国茶と雑貨の日本向けWebShop オープンしました♪ 

CBLS002_(1)logo.jpg 
蓮花記イチオシの中国紅茶『正山小種』
日本では「ラプサンスーチョン」という呼び方の方が一般的かも。
「正露丸のにおいがするお茶」だと思っている方!
本物の武夷山産の正山小種を是非飲んで頂きたいデス。
ミルクティー用に作られたお茶では無く、ストレート用に作られた、本物の正山小種は
全然違うはず!
(日本からのお求めは、画像をクリックしてください♪)


ZCH009_1.JPG

キッチュなダブルハピネスのペーパーナプキン♪
ホームパーティーやティーパーティー、
手作りお菓子のラッピングに☆








posted by ともこ at 12:00| 北京 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 高齢妊婦ライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご懐妊おめでとうございます!
安産でありますように。

中日友好病院はODNで建てられたとありますが、
ODAのようなものでしょうか。
はたまたODAそのものでしょうか。
ちょっと気になったもので・・・

妊娠7ヶ月で4kg増とはすごいです!
私は軽く10kgは増えていました。
何しても体重が増えて困っていたことを思い出します・・・。
それでは快適な妊婦ライフを!!
Posted by hopstep1 at 2011年08月31日 20:20
> hopstep1さん

ありがとうございます!

御指摘、ありがとうございます!
ズバリ「ODA」の間違いです。
何故か「N」と打ってしまいました・・・
ありがとうございます!
(本文、訂正しました!)

日本で結構食べまくった上に、家事は母任せだったので、太ったかな?と思ったのですが、
意外と増加しておらず、安心しています。

この時期に、食べたいのに体重を増やすな、と言われたらキツいですもんね。

私も、あまり体重を増やさないように注意しながら、妊婦ライフを続行していこうと思っています。

今後とも、宜しくお願い致します♪

Posted by ともこ at 2011年08月31日 20:37
こんにちは。
経過順調なようで良かったですね!
しかし、綺麗な病院ですねぇ〜!

ブドウ糖負荷試験されたんですね。
ただの砂糖水を飲むんですか?
日本ではサイダーみたいに炭酸が入ってて、冷蔵庫で冷やしてるから比較的飲みやすいみたいですよ。

Posted by さなえ at 2011年09月01日 10:10
>さなえさん

ありがとうございます!

この病院、綺麗さとホスピタリティ、お値段を考えると、結構いいんですよ。

「ブドウ糖負荷試験」って、日本でもやるんですね〜。
でも、北京バージョンは、常温水の砂糖水です…(;;)
飲みにくいったら…。
同じ糖分でも、炭酸+冷たかったら、甘さがあまり感じられなくて飲み易いですよね。
中国は、そういう配慮、無いですよね〜。

Posted by ともこ at 2011年09月01日 13:34
私が去年娘を出産したのと同じ病院です。
ともこさんのご説明の通り、合資で施設環境もいいし、サービスもなかなかなのに、高すぎることはない・・・、さながら日本の出産施設・費用に似た所だと私も思いました。

ここの病院の助産師さんたち(出産&産後の入院時にお世話になる方々です)は本当に親切でプロ!!
慣れない生まれたばかりの新生児の世話を助けてもらいました。

それと、ここってParis Baguetteと何か関係あるの?って思うぐらい、パリバケのパンを売っていたり、産後のお祝いにはパリバケのホールケーキがプレゼントされますよ!!

おっしゃるように!体重は増やしすぎない方が(きっと)お産が楽かと・・・
それにしてもベビちゃんの誕生、楽しみですね〜♪
Posted by あきんぐ at 2011年09月02日 00:24
>あきんぐさん

あきんぐさんもamcareだったんですね!

病院スタッフの方も出産後も助けて下さるんですね。
心強いです。

そうそう、パン、めっちゃいつもPBですよね!
ホールケーキのプレゼント!
超嬉しい〜♪
また、楽しみは一つ増えました☆

体重コントロールしながら、マタニティーライフを楽しみます♪

また、amcare情報、教えて下さいね!
Posted by ともこ at 2011年09月04日 01:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。