2012年03月31日

新食感煎餅“阿香煎餅”@北京・棗営南里

ずーーーっと書こうと思っていて、写真が無くてUPを見送っていた、『阿香煎餅』。

麦子店街裏ミシュランシリーズの中でも、まさにC級グルメって感じの小吃です。

北京の小吃で、道端で良く売られている“煎餅”。
日本語読みだと“せんべい”だけど、中国語読みだと[jian1bing]で、日本の「せんべい」とは全く異なり、敢えて言えば、中華風クレープって感じ?!
“餅[bing]”とは、小麦粉などを水で溶いたものを薄く延ばして焼いたもののことで、お好み焼きもピザもチヂミも中国語訳すると“餅”の一種となります。

わたしはこの“煎餅”が大好きで、ご飯代わりに食べることもあるのだけど、今住んでいるエリアで一番美味しかったのは、さなえさんに教えて頂いた、新源里の京客隆レジ前の“五谷(雑穀)煎餅”。
これは、中に挟んである油条が独特で、ホント、美味しかったです。

でも、ここはちょっと遠いので、近場で美味しい煎餅、というと、ここ『阿香煎餅』。
煎餅を良く食べる方は一口食べたらわかると思うのですけど、ここのは“新食感煎餅”なんです。

言っておきますけど、超〜C級ですよ〜。

@@@

場所は、麦子店街(正確に言うと「 農展館北路」)の“華康賓館”という北ちょーせん系ホテル(1Fに“ぴょんやん館”というレストランがあります)の向かい側にある棗営南里社区入口を中に入ると、すぐに小さな売店が見えますが、その店頭で売られているのが、『阿香煎餅』です。


20120331_axiang07.JPG
中央に立っているのが、餅を焼いてくれるお兄さんです。
割と無口職人系。
彼が阿香なのかなぁ?

この隣に、「麻辣燙」という、辛い串おでん、みたいな立ち食いの店があり、
午後5時前後は若者で大繁盛しています。
(昼はやっていないみたい)
そっちは食べたことが無いけど。


20120331.JPG
1枚4元


うっかり出来上がりの煎餅の写真を取り忘れてしまったのですが、その代わりに製作途中をお楽しみください♪


20120331_axiang01.JPG
オーダーが入ると
クレープの焼き台みたいな鉄板に生地をのせます。
写真でもわかるように、ここの記事は固めです。
(普通の生地はおたまで落とす程度の固さです)

20120331_axiang02.JPG
生地が固めなので、出来上がった餅もパリパリになります。
これが新食感の秘密☆

20120331_axiang03.JPG
瞬く間に卵を1個落としてくれます♪

20120331_axiang04.JPG
香草・葱をトッピングし、辛味噌を塗ります。

20120331_axiang05.JPG
瞬く間に折ります。


20120331_axiang06.JPG
普通の煎餅は2つ折りにしてくれますが、
これは生地が固いので、2つに切ってくれます。
全行程で2分もかからない程の早さ!

@@@

パリパリ系の煎餅、わたしは結構気に入っています♪
(でも、1枚が大きいので、一人で1枚食べると、食事不要になります。)


posted by ともこ at 12:00| 北京 | Comment(1) | TrackBack(0) | 麦子店街裏ミシュラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
懐かしいです。
でも、私が食べたことがあるのは、学食のものだけなので、残念ながらそれはあまりおいしくなかったんです。。。
おいしい煎餅食べたいな〜
Posted by emmasuke at 2012年04月01日 00:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/261025962
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。