2013年05月10日

北鑼鼓巷→煙袋斜街・前海散策@北京散歩

◆今回の散歩コース◆


20120505_yonghegong_map1.jpg
雍和宮側から五道営胡同に入り、安定門まで抜け、
安定門内大街を南下、国子監街を東に抜け、
その後、雍和宮大街を南下。
北新橋まで出る。

北新橋から再度雍和宮大街を北上、
国子監街を今度は西に抜け、
ここで一旦夕食。

その後、そのまま安定門内大街を渡って
車輦胡同を北鑼鼓巷まで歩く。
北鑼鼓巷を南鑼鼓巷に変わる鼓楼東大街まで行き、
そこを西に行き、鼓楼の前を通過。

20120505_yonghegong_map2.jpg
鼓楼を通過し、煙袋斜街を歩き、銀錠橋を渡り、
前海沿いを歩いて、地安門西大街でGool!
[今回のUP]

ベビーカーを押しながら、所要約3時間半(内夕食時間1時間)のコースでした♪

上述の散歩コースを順次UPしていきたいと思います♪

@@@

5.国子監街から安定門内大街を渡って車輦胡同を北鑼鼓巷まで歩く。

20130505_yhg046.JPG
安定門寄りの場所に、“兎児爺”の店があり、
そこで粘土細工の体験ができるようでした。

安定門内大街を渡ると、車輦胡同に入ります。
車輦胡同を入ると、最初は超ローカルながらもどこも満席なお店が続きます。

20130505_yhg047.JPG
しばらく歩くと、《早春三月》という名の四川料理レストランが。
可愛い名前に惹かれて中を覗くと、意外と高級そう・・・。
気になるお店だけど、P太郎連れだとまだ厳しいかな・・・^^;

20130505_yhg048.JPG
その向かい側あたりにあった「鼎香四季」。
こちらも風情があって気になります。
でも、こういうお店はまだなかなか入れないんだよなぁ〜。
残念っ!

20130505_yhg049.JPG
Spring Cameras
北京では珍しい、お洒落なカメラ専門店。
自由が丘の「ポパイカメラ」みたい!

@@@
車輦胡同を西に歩いていくと、北鑼鼓巷に出るので、ここを南下します。
今や竹下通り化した南鑼鼓巷よりも落ち着いたカフェなどがあり、イイ感じです♪

20130505_yhg050.JPG

20130505_yhg051.JPG
「金色涼山」
四川省涼山彝[イ]族自治州の彝[イ]族料理のレストラン。
以前、某グルメ会で来たことがあります。
彝[イ]族料理、美味しかったです。

20130505_yhg052.JPG
「秋刀魚の味」
小津安二郎?
気になる〜・・・。


@@@

北鑼鼓巷を歩いていくと、鼓楼東大街に出ます。
この道の向こう側が南鑼鼓巷です。

20130505_yhg053.JPG
休みの日だったので、祭りか?!というぐらいの人・人・人!
ベビーカーで通るのは無理っ!

いまや竹下通り化した南鑼鼓巷にはあまり興味がなかったため、そのまま鼓楼の方に進み、鼓楼の前を通過し、煙袋斜街から前海方面に歩いていきました。
鼓楼東大街もすごい人で、レストランはどこも満席!
煙袋斜街もそんな感じならベビーカーはしんどいのでここで帰ろうかと思っていたのですが、行ってみるとそこまで混んでいなかったので、前海沿いを散策したのです。

20130505_yhg054.JPG
煙袋斜街
この辺も、民家を改築したカフェや、屋上にテーブルがあるカフェが
たくさんあって、面白いエリアです。


@@@

そんな感じで、最後は地安門西大街でゴーーーーールっ!

北京の胡同を満喫した1日でした〜☆

@@@

今回の散策の感想は・・・

●五道営胡同に行くなら、国子監街も併せてどうぞ♪
五道営胡同は南鑼鼓巷的竹下通り風でターゲットが若い人向きなのに対して、国子監街は青山風で、お店のグレードも高い感じがしました。道も後者のほうが広くて綺麗で、お散歩にも向いていると思います。(あくまでも個人的感想ですが・・・^^;)

●南鑼鼓巷に行くなら、北鑼鼓巷も併せてどうぞ♪
→お店の数は南鑼鼓巷のほうが圧倒的に多いですが、いまや原宿は竹下通り化していて、人が多い!売っているものも、ファンシーショップ的なグッズが主流です。(たまに良い感じの雑貨などもありますが)
北鑼鼓巷は雑貨店などはあまりないですが、散策するにはこちらのほうが落ち着いていて、風情があります。

五道営胡同も南鑼鼓巷も、いまや有名な観光スポットなので、一度は覗いてみると面白いかと思いますが、イマイチピンと来なかった方は、国子監街や北鑼鼓巷の方にも足を伸ばしてみると、違う印象を感じることができるかもしれません♪

@@@

そして、余談ながら、この日は我々の入籍記念日だったのです。^^;

もともとは、天気も良かったので五道営胡同を歩いてみる?・・・と言うことから始まり、なんとなく成り行きで前海まで歩いてしまったのです。

わたしは95〜97年、南鑼鼓巷沿いにある中央戯劇学院に語学留学をしていたのですが(南鑼鼓巷は当時は、道路も舗装されておらず、ローカルフードの店がポツポツあるだけの、ただの“巷”でした)、安定門やら地安門、鼓楼、前海といったエリアは、しょっちゅう自転車で通っている、言っていればわたしたち中戯の留学生の“シマ”でした。
その“シマ”を、まさか18年後にベビーカーを押して歩くとはっ!
当時は想像もしなかったことです。

この日も、記念日に合わせてわざわざこのエリアに行ったわけではなく、なんとなく歩いていたらここへ来てしまったわけで・・・人生って不思議ですネ!

@@@

・・・ということで、長らく続きました“北京散策日記”終了です〜。
お付き合いくださいまして、ありがとうございました!<(_ _)>

これからはどんどん気候も良くなっていきますし、暑くなってからも夕暮れ以降は過ごしやすいので、北京の胡同を散策してみては如何でしょうか♪

@@@

■中国茶の本を出版いたしました♪
北京でのご購入は、三全公寓内「種字林」さん及び光明飯店内「東方国芸」さんにてお取り扱い中。(詳細コチラ
※種字林さんに入荷しています!

※訂正箇所があります!
P158の北京東方国芸国際茶文化交流中心さんの紹介ページですが、

誤:試験はすべて中国語ですので語学力が必要とされます。
正:日本語や英語での受験も可能です。


大きな間違い、申し訳ございません!

ってことで、日本語受験(もちろん受講)も可能ですので、短期お茶留学を考えていらっしゃる方、是非是非♪




楽天ブックス
【送料無料】中国茶の教科書 [ 今間智子 ]

【送料無料】中国茶の教科書 [ 今間智子 ]
価格:1,470円(税込、送料別)





posted by ともこ at 00:00| 北京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 北京おもしろスポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。