2014年02月27日

サンシャイン水族館と“ナニコレ千本ノック”。

またまたお久しぶりです!

池袋に行く用事があったので、サンシャイン水族館に行ってきました♪
全然目新しい情報でもなんでもないんですけど、ウチの記録として、一応UPしておきます。

@@@

サンシャイン水族館、2011年だったかな?にリニューアルしているんだそうですが、わたしが前回行ったのって、軽く30年近く前で、行ったという記憶すら定かでないのですが、母に依ると、母と弟と一緒に行ったということなので、行ってるみたいです・・・。

昨年の秋、2歳までに動物園に連れて行った方が良い、というアドバイスを受け、P太郎と一緒に北京動物園に行った()のですが、当時1歳9カ月のP太郎には若干早かったようで、象もキリンもあまりよくわかっていない状態で連れて行ったため、動物を見る、ということについては、特に喜んだりはしていなかったのです。

その後(現在2歳2カ月)、DVDなどでいろいろと見て、いろいろな動物を理解し始めたので、そろそろこういう施設も楽しめるかな?と思い、行ってみることにしました。(わたしも以前行ったのって全然記憶にないので、行ってみたかったし。)

入場料大人2000円というのに若干たじろぎましたが、エレベーターの扉が開くと、既に水のカーテンが見えて、テンション上がって、ここまで来たんだから2000円払いますヨ!って感じに。
ちなみに、年間パスポートは4000円なので、お近くにお住まいなら、いっそ年間パスポート買って散歩がてら来ちゃうっていうのもアリですかね。

事前にアシカや水中ショーの時間を確認しておいたので、行ってすぐにアシカショーを見学。

201402_sunshine001.JPG
P太郎先生、座って大人しくショーを見られないので、
とりあえず立見席で立ち見。
案の定すぐに飽きてしまい、水槽のアシカ見学に。



201402_sunshine002.JPG
サンシャイン名物の空中水槽!

201402_sunshine005.JPG
こんな感じで、頭の上をアシカが回遊しています。

201402_sunshine007.JPG
P太郎、アシカが気に入りました♪

201402_sunshine016.JPG
この屋外コーナーには、ペンギンの他・・・

201402_sunshine003.JPG
アルマジロとか・・・

201402_sunshine004.JPG
ペリカンもいます。
バックに池袋の高層マンションが見えるのがシュール。

@@@

屋外コーナーを堪能したら、屋内に入ってみます。
以下、写真をスライド的に。


201402_sunshine008.JPG
1歳9カ月の動物園の時とは全然違う反応で、ちゃんと楽しんでいました。

201402_sunshine009.JPG
シーマンのような魚!

201402_sunshine010.JPG
クリオネ。

201402_sunshine011.JPG
タコ!
つい、「美味しそう・・・」と言ってしまう大人。

201402_sunshine012.JPG
巨大水槽が気に入りました♪

201402_sunshine013.JPG

こういう場所では、親は所謂“ナニコレ千本ノック”責め。

※これぐらいの年齢の幼児が、見る物全てに対し、「これ何?」と聞き始める状態。

P太郎もキレイに“千本ノック”始まっていて、ココでも20回くらい「エイ」と教えました。
一応、本人も覚えたいみたいで、覚えられるまで聞いてきます。

201402_sunshine014.JPG

201402_sunshine015.JPG

201402_sunshine0.JPG
アザラシの水槽の前で。
偶然隣り合わせた男の子に話しかけるP太郎。
しばらく2人で話しながらアザラシを見ていました。
それを見ている親たち。

201402_sunshine017.JPG


@@@

今回は、いろいろな魚を楽しめたし、特にアシカは気に入ったようで、家に帰ってからも、パパに教えてもらったアシカのモノマネをおじいちゃんたちに披露したりしていました。
アシカが水槽をスイスイ泳いでいるのが印象的だったようで、お風呂の中でも、自分でタオルをお湯の中で引っ張って、「おかしゃな」(おさかな)と言って遊んでいるので、P太郎が楽しかったのなら良かったなぁ、と思いました。


201402_sunshine018.JPG
水族館の入り口には、こんな休憩室もありました。

201402_sunshine019.JPG
ドリンクの販売機もあるので、お弁当を持ってきて食べられます。

だんだんP太郎もこういうものが楽しめるようになってきて、わたしたちも一緒にいろいろと行くのが楽しくなってきました♪

(日本の施設は入場料が高いけど、陳列も綺麗だし、大人も楽しめるように作られているし、高いだけのことはあるな、というのが入った後の感想。)

@@@


■中国茶の本を出版いたしました♪北京でのご購入は、三全公寓内「種字林」さん及び光明飯店内「東方国芸」さんにてお取り扱い中。(詳細コチラ

※訂正箇所があります!
P158の北京東方国芸国際茶文化交流中心さんの紹介ページですが、

誤:試験はすべて中国語ですので語学力が必要とされます。正:日本語や英語での受験も可能です。


大きな間違い、申し訳ございません!

ってことで、日本語受験(もちろん受講)も可能ですので、短期お茶留学を考えていらっしゃる方、是非是非♪




楽天ブックス
【送料無料】中国茶の教科書 [ 今間智子 ]

【送料無料】中国茶の教科書 [ 今間智子 ]
価格:1,470円(税込、送料別)















posted by ともこ at 00:00| 北京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本日記(Life) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。