2014年07月27日

100均収納BOXでプラレール&トミカスッキリ収納!

なんか、最近ブログの更新が“週刊”どころじゃなくなっていて、訪問して下さっている皆様、ホントすみません・・・m(._.)m

わたし、携帯ではブログ更新できないので(技術的に・・・^^;)PCで書いているんですけど、デジカメの写真取り込む時間も無くて・・・。時間が出来たときにぼちぼち更新していますので、思い出したら、ときどき遊びに来てやってください。^^;

@@@

ってことで、プラレールなんですけど、これって収納泣かせですよね・・・。
レールの種類も多いし、列車もぐちゃぐちゃになるし、どんどん増えていくし・・・。
列車については、収納ケースもタカラトミーから販売されているんですけど、高い割には3両編成×4台ぐらいしか収納できなくて、それじゃ意味ないし・・・。

そのままにしておくと、ガサっと箱なんかに入れることになるんですけど、そうなると子供が扱うものだから、列車が早く壊れそうでハラハラするし、「○○(←列車の名前)どこー?」って子供が探しているときに、見つけるのに苦労するので、

1.子供も見てすぐわかる収納。
2.子供でも片づけ易い収納。

が目標。
収納方法について、みなさんどうされているのかネットで検索して調べつつ、我が家なりに頑張ってみました。

ちなみに、車体もレールも結構な量あるんですけど、ありがたいことに、ほとんどが頂き物です。^^;(下さった方々、感謝デス!!!)

★レールは、HARD OFF(BOOK OFFの日用品版ショップ。Hobby OFFだと、もっとおもちゃに特化されているかも。)でかなり補充しました。HARD OFFだと中古品だけど、レールだとひと束350円とかで売っているので、ゴソっと買えます。(←ってことを、男児育児先輩ママさんに教えていただきました♪Iさん、ありがとう!!!激しく通ってるYO!)
まぁ、とはいっても中古品なので、結構接続部が甘くなっていたり、使っているうちにすぐに接続部分などが割れたりすることもありますが、量が量なので、許容範囲かと・・・。
車両は、わたしが見た範囲ではやはり傷みが激しく、ちょっと中古は難しいかな・・・、と。
ウチの場合は、車両も結構大量に頂いたので、買わずに済んでいます。
初期投資として、レールは大量に欲しかったので・・・。
HARD OFFって、都内には少ない気がしますが、船橋あたりだと結構あります。)

HARD OFF HP

201407_box21.JPG

やっぱ、こんなん、作りたくなるじゃないですか。(親が)


201407_box22.jpg




自分で購入したのは、プラレール博で入手したもの以外だと、これのみ。
これは、中国大陸TOMY限定販売の「和諧号」(←中国版新幹線と呼ばれている車両)

これ、2009年ごろ、大陸限定で販売されていたらしいんですけど(←これが実在したことは、日本のTOMYの広告で言っていたから確か)、今現在、中国のTOMYの公式HPには載っていないので、中国の子供に人気なかったから廃盤になったのかも。
で、帰国が決まった時、これは絶対欲しくて、中国のネットショップで探しまくったんですけど、中国のお店って、WEB上では「在庫あり」でも、実際にはない、っていうのが普通。
これも全くそのパターンで、もともと5件ぐらいしかHITしなくて、その5件のうち、1件だけ本当に在庫があって、そこでなんとかゲットできた、という代物。

パッケージも本物っぽかったし、そもそも中国っ子に人気のない商品だから、ニセモノも出ないと思うので、まず本物だと思います。
大陸限定発売だったこと、現在廃盤(たぶん)ってことで、我が家のお宝プラレールです。(P太郎が激しく遊んでいますが・・・^^;)

@@@

まずは、レール篇。

201407_box05.JPG

ダイソーの「自在なんとか」(うろ覚え・・・)という収納BOXに、種類別に収納しました。
そして、子供でもその気になったらちゃんと片付けられるように、大きくイラストを描いて貼っておきました。


201407_box04.JPG
バリバリ手描き。


とは言っても、P太郎が遊んだ後、さくさく自分で片付ける、ってことにはまずならないんですけど、育児の本にも、「子供1割、親が9割片づければ、それで合格」って書いてあったので、まぁ、わたしが9割片づけてますけど。
それでも、描いてあると自分的にも片づけ易いし、次に使うときに、レールが種類別になっているとレイアウトが作りやすいので、これはなかなか成功したと思っています♪

※改良点があるとすれば、この「自在なんとか」は、カラーボックスにはサイズが合わないんです。
なので、実際には写真のようにではなく、縦に1個、横に2個置いています。
もう少しカラーボックスにきれいに入る箱があればいいんですけどね。

@@@

そして、車両篇。

これは、できれば3両編成のまま、コレクション的に並べられたら・・・と思っていたので、ニトリとかIKEAとかで売られている収納棚をなんとか利用できないか、など調べてみたのですが、やはりそういう主旨で収納されている方は、みなさんDIYで手作りされていました。

いずれは、そういう”飾る収納”もしてみたいのですが、今すぐにはできないので、こんな感じに。



201407_box06.JPG

これも、ダイソーでゲット。

「COLOR LIFE」というシリーズの収納ボックス利用です。


まず第一条件として、スタッキング(積み重ね)できることが重要だったので、買った時には列車がどんな風に入るかわからなかったんですけど、スタッキングできる箱の中で、その時にはこれが一番大きかったので、とりあえずこれを買ってみました。


201407_box07.JPG



そしたら、なんと!2両はキッチリ入るサイズ!
3両入ればキレイだったんですけど、さすがにそのサイズでスタッキングできるボックスはなかったので、これが限界かと・・・。
2両で、横幅も5列ちょうど入るので、わたし的には充分合格デス!


201407_box08.JPG
COLOR LIFE B5積み重ねコンテナ ホワイト
A−073 文具A73 No.256

大創産業 Kl-14-P10


これを今のところ4段重ねて、カラーボックスの中に収納しています。
この、赤いチェック柄が若干気に入らなかったので、後にこれは剥がして、上述の手作りステッカーに替えました。

これを導入したことにより、車両もかなりスッキリ収納できて、自分的にはかなり満足です。

@@@

ついでに、トミカ篇。

201407_box09.JPG

同じく、「自在なんとか」という収納ボックスを利用。

これは、いろいろな深さが展開されていて、スタッキングできる、というのが最大のポイントです。

201407_box10.JPG


車両の高さに合わせて・・・

201407_box11.JPG


スタッキングできます。

収まる場所が明確だと、片づけもし易くなりました。

そうそう、プラレールのパーツでも、短い線路とか小さいパーツは、この浅めの箱に入れて、線路の箱の上に重ねて収納しています。

※その後、トミカ用にダイソーでちょうど良い収納BOX見つけました!


☆中国で買った、ちょっと大きめのミニカーは、seriaで買った収納ボックスに入れています。
これも、カラーボックス収納サイズになっています。



DSC_0014.JPG

5月頃に買ったものなので、今は無いかも・・・^^;

DSC_0015.JPG


@@@

これらの収納ボックスは、ニトリのカラーボックス2段を3セット買って、横に並べて、その中に収めています。
3段×2つ、じゃなくて2段×3つにしたのは、カラーボックスの上もP太郎の手が届くように、です。
2段だと低いので、ボックスの上でも遊んだり、出したおもちゃを並べたりできます。
3段だと、微妙に手が届くけど見えない、という高さなので、好奇心旺盛なP氏は、端っこを引っ張って上に載せているものを落としたりするので、それならいっそ、見える台にしておいたほうが安全だろう、という判断で。
また、家具は低いほうが部屋がスッキリする、とどこかで聞いたので、それもあって、低いものを並べています。(同じ種類のほうがスッキリ見える、ということもあり、ニトリの同じシリーズで統一)
1つ800円ぐらいだったかな?ニトリのカラーボックスは安いので、買い足しも気楽にできます♪

▼ニトリ カラーボックスHP

@@@

そして、大き目のおもちゃの収納。


201407_box01.JPG
5月頃の写真なので、P太郎も今よりちょっと若いですが・・・^^;



プラレールのパーツでも、橋脚とか情景とか、大きいものは、箱に入れています。

写真の左の2つは蓋なしタイプで、一般的なカラーボックスにすっぽり入るサイズになっています。
この箱にも、上述のイラスト付きステッカーを貼って、「橋脚」とか「情景」とか区分して収納しています。

※写真なくてゴメン!

大きい箱は蓋に座れるようになっていて、ここには、ベネッセのエデュトイなどのおもちゃをガサガサ突っ込んでます。


201407_box02.JPG


大きい箱は、(子供の)踏み台とか椅子とか遊び台になって、便利です。

どちらも、街の雑貨屋さんにも売ってることが多いですが結構イイ値段しているので、ネットで買うほうが安いと思います。

※わたしが見たところだと、座れるタイプは、高いところだと1個1980円ぐらい、安くても1200〜1400円ぐらいで売られていることが多かったです。
比べたら、絵のクオリティとか違うのかもしれませんが、ウチ的にはこれで充分でした。
ちなみに、「訳あり」って書かれていましたが、何が“訳”なのかわからない程度でした。







201407_box03.JPG
入ろうとすることも。
無理だけど。


+++

・・・という感じで、ニトリのカラーボックス+ダイソーの収納ボックス+バス・列車柄の収納ボックスを駆使し、プラレールをはじめとしたP氏のおもちゃを、なんとか収納しています♪

この辺は、また増えてきたり、もっとよい方法を発見したら、随時改良していきます☆





posted by ともこ at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 100均・300均バンザイ☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。