2014年08月06日

船橋の花火大会と「船えもん」。

7月に船橋市の花火大会がありました!
去年もP太郎は花火を見たのですが、イマイチ分らない感じでしたが、今年は既にこの季節、子供番組などでも花火が登場し、P太郎も理解していたので、是非頭上で打ちあがる綺麗な花火をP太郎に見せてやりたい、と思い、一緒に行きました。

ただ、船橋の花火大会は平日開催だったため、ショーグンは花火大会の時間には到着不可。
ってことは、わたしとP太郎の2人。

今のP太郎は、花火を見ることはできそうですが、早目に行って席取りして花火を待っている間の時間がまだ無理。
大勢で行って、遊ぶ子供さんがいれば間が持ちそうですが、2人では無理。

ってことで、有料席を検討してみたところ、ららぽーと前の親水公園席1500円、漁港席1000円とお手軽価格で、3歳以下は膝に座るなら座席不要ということなので、まず今年は初めて行くので、混み具合等視察の意味も兼ねて、有料席を購入しました。
大会2週間前ぐらいで、親水公園席(確か前売り150席、当日販売もあり)は完売しており、漁港席(確か300席ぐらい。当日売りもあり)を1枚購入しました。
これで、座席の心配はなくなりました。

これぐらいの値段なら手が出るんですけど、世田谷の花火大会の場合、「テーブル席4名用 30000円(スパークリングワイン1本プレゼント)」「テーブル席4名用 20000円」「椅子席4000円」「ペアシート10000円」「180×180p シート席 4名12000円」「大型シート席10名用 30000円」っていう感じで、“子供が小さいし、1人で行くので・・・”ってな感じで買える値段じゃない。
さすが世田谷っつーか、スパークリングワインプレゼントとか、やっぱ船橋とは違うな、って感じですわ。
いえいえ、船橋で良かった。席、買えたもの。

以下、当日の様子。
来年のための覚書として。

+++

会場のららぽーとは週1ペースで通っているので場所はわかるんですが、わたしが買った漁港側席というのがよくわからず、また初めて行くので混み具合とか、自転車で行けるレベルのものなのかもわからず。
P太郎連れなので、激混みの電車とかにはなるべく乗りたくないし、自転車で行ける距離なので、行けるなら自転車で・・・と思っていたのですが、状況がわからないので、とりあえず船橋駅まで自転車で行き、そこからちょうどららぽ行きのバスが来たので乗りました。

交通規制が入る海近くまでは超渋滞でしたが、後半はすすーっと走り、ららぽ前(親水公園前)へ。
そこで降りて、漁港側席を探すと、港をぐるーっと廻った向こう側であることが判明。
そこで、ぐるーっと廻って歩くこと15分程。
漁港会場に到着しました。

模擬店が並んでいて、お祭り気分満載!

世田谷の場合、模擬店が無いのですが、やっぱりお祭りはお店がある方が気持ちが浮き立ちますね♪
買わないんだけど・・・^^;

そうそう、この時、一番手前に「山梨産 桃 5個200円」って看板が出ていたので、「安っ!」と思って試食させてもらったら、おっちゃん、「あ、今食べてるのは3個1000円の方ね。5個200円は試食できないから。こっち(5個200円)は甘くないよ」と。

わー!!!この人、たぶんいつも船橋駅前で桃売ってる人だわ。
以前ショーグンも近づいて試食させてもらった時に、同じこと言われて買わなかったって。
それを聞いていたので、わたしもそそくさと撤退。

3個1000円て・・・。
桃、いくら高いフルーツだって言っても、今、スーパーの特売だと100円以下の時もあるからね。
ご注意!

閑話休題。

漁港をぐるーっと廻った場所に、有料席がありました。
ちなみに、トイレもこの近くです。


20140730_hanabi01.JPG

向こうに見えているのがららぽーと。

20140730_hanabi02.JPG
泊っている船の向こうに花火が見えるんですね。


+++

わたし達が到着した6時半頃の時点で、ららぽーと前の駐車場エリア(自由席)は、後ろの方だったらまだ座れそうでした。
漁港エリアも6時半なら席は取れそうでした。
漁港エリアは、7時になると入場できなくなっていたので、指定席が無い場合、7時までに入らないとダメみたいです。


20140730_hanabi03.JPG

7時半、船橋市長挨拶のあと、花火開始です!

船橋市って、政令指定都市を除くと全国で一番人口が多い市なんだそうです。(62万人だったっけ)
千葉県の中でも、一番人口の増加率も高いんだそうです。



事前情報に寄ると、船橋の花火はストーリー性があって面白い、と書いてあったので楽しみにしていたのですが、今年は、アメリカ・オランダ・中国にある船橋の姉妹都市を豪華客船で巡り、最後に船橋港に戻って来る、というストーリー。
全部で6部立て構成で、音楽に合わせて花火が打ちあがる、非常に楽しいものでした。

オープニング、司会の女性が、

「いよいよ船が出港します!先頭に見えるのは、船橋と言えばこの人・・・











ふなえもんです!」




と言った瞬間、周囲からふなっしーじゃないのかよ!」の一斉突っ込みが。
わたしも言いましたけど。
(写真の三角形のアーチの下あたりに見えているのが、船えもんをかたどった花火です)

今やゆるキャラを超えた、一芸能人になってしまったふなっしーが、実は船橋市公認キャラだということは有名ですが、公認キャラは「船えもん」なんですね。
(ふなっしーは今年船橋市に多額の納税をしてくれる模様。)


funaemon.jpg


なので、船橋市のいろいろなシーンでは船えもんが登場するのですが、彼を見るたびに“傀儡”という言葉が思い浮かんでしまいます。(意味が合ってるかわからないけど)

もう、船橋市民ですら、「ふなっしーでいいじゃん!」「これがふなっしーだったらもっと可愛いのに・・・」って思っているし、きっと主催者の方ですら、そう思っているんじゃないか、と思うのです。
引くに引けない船えもん。

こんな恰好をしているだけに、なんだか形だけの祭り上げられた殿様みたいで・・・(;O;)

+++

以下、音楽に合わせての打ち上げ花火。
凝っていて、楽しかったです♪

企画者が恐らく30代後半〜40代と思われ、選曲が懐かしくって同世代的にも楽しめました☆



20140730_hanabi04.JPG

20140730_hanabi05.JPG

20140730_hanabi06.JPG

20140730_hanabi07.JPG

20140730_hanabi08.JPG


P氏、花火が始まるまでは持参したおにぎりや大好物の唐揚げ、お菓子を食べ、比較的おとなしく出来、花火が始まると、大人しく膝の上で見ていました。(2歳7カ月)

「蝶々の花火」とか「ハート型の花火」とかも理解できていて、去年と比べて格段に楽しめるようになっていて、わたしも嬉しかったです♪

+++

会場ですが、地図でみるとこうなります。

hanabi Map.jpg


オレンジで囲ったのが、漁港側の有料指定席エリアです。
来た時は、ららぽーと側から廻ってしまいましたが、帰りは「船橋方向はこっちだー」と話している団体さんにくっついて歩いていったら、徒歩で船橋駅まで帰れてしまいました。(青いライン)

徒歩で30分程かかりますが、漁港側からだと公共交通機関のある場所まで行くにも同じぐらいかかるので、船橋に行くなら歩いた方が早いぐらいです。

ってことがわかったので、来年は漁港側狙いで、船橋から歩いていく方法で行こうと思いました。

来年、船橋の花火大会を見に行こうと思われている方の御参考になれば♪








posted by ともこ at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 子連れでお出かけ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。