2015年04月15日

子連れde中山競馬場☆

競馬には全く詳しくないんですが、船橋ってG1レースも開催される中山競馬場が意外と近くって、冬にはクリスマスのイルミネーションが綺麗だというので、見に行きました。(イルミネーション記事

競馬場っていうのは、最近カップルやファミリーでも楽しめるようになっているというのは前々から聞いていたので、春になったら遊びに来よう、ということで、まず旦那サンとP太郎が3月下旬に遊びに行き、めっちゃ楽しかった!というので、先日3人で行ってきました。
我が家からだと自転車で30分くらい。
公共交通機関だと、武蔵野線で船橋法典駅直結です。(武蔵野線は西船橋乗り替え)

余談なんですけど、“船橋法典(ふなばしほうてん)”って、名前、スゴくないですか?
法典って言ったら、ハムラビ法典しか他には知らないですよ。
で、「法典」って調べたら、「法典とは、体系的に編成された成文法の集成。」wikiより)って書いてあるんですけど、船橋にそのような法典があると?!
目には目を、歯には歯を・・・的な?!
わたしがこの世の中で知っている“法典”って、ハムラビ法典船橋法典だけですよ。
船橋法典って・・・なんなんだろ・・・


本当は、お花見も兼ねて行きたかったのだけど、桜満開の週末はあいにくの雨。
行ったのは、阪神競馬場で櫻花賞が開催されていた週なので、中山もそのせいか、以前よりは混んでいたそうです。(←旦那談)


@@@

わたしは初めての競馬場。

入場料は15歳以上1人200円。

いやいやいや・・・中、めっちゃキレイ!
こういう場所って、受付のおねーさんとか、レベル高めなんですよね。
それを感じてか、P太郎もテンション上がり気味。(←クレヨンしんちゃんか。)

前回来た時、旦那サンとP太郎はここでラーメンを食べたそうで、ラーメンのチケット(?)を販売しているお姉さんが例のごとく若くて可愛かったんだそうです。
それを見て、P太郎が、

「ラーメン作ってるの見たい!」

と言ったので、旦那サンが抱っこして持ちあげたところ、茹でていたのは、化粧濃い目のおばさんとおばあさんの間ぐらいの女性。
それを見たP太郎、めっちゃデッカイ声で、


「あー。おばあさんが作って、おねーさんが売ってるのか。」


と叫んだらしい・・・。

旦那、とりあえずP太郎抱えてその場からダッシュしたそうです・・・^^;

この年齢の子は、普通に話すけど、遠慮とか気遣いってものが無いので、ホント、恐ろしいです・・・

@@@

競馬場といえば、赤鉛筆耳にかけたおじさん・・・というイメージだったのですが、確かにそのような本気の方々は健在。
その横で、ウチらのような、レジャーシートやらお弁当やらお砂場グッズ抱えた場違い風なレジャー家族もかなりいました。

まずは、パドックで馬を見たり、ちょうど始まったレースを鑑賞したりして競馬気分を味わったあとは、内側にある“緑の広場”と呼ばれているレジャー広場へ。



201504_nakayama1.JPG

201504_nakayama2.JPG



写真ではわかりにくいですが、めっちゃ遊具も充実していて、子どもが存分に楽しめるようになっています。
ポンポンバスもあるし、巨大な砂場もあります。
猫とか来ないので、砂がサラサラでとってもキレイ☆
砂場好きのP太郎は、前回お砂場セットを持って来なくて残念だったので、今回は山ほど持って行き、裸足で存分に遊びました♪

時間帯によっては、馬車や馬にも乗ることができます。

トイレもあるし、我々は今回お弁当持参で行きましたが、レストランやテイクアウトできるお店もたくさんあるので、手ぶらでも遊びに行けます♪

馬券買わなくても(←ヲイヲイ・・・)充分楽しめるし、馬がいて子どもも喜ぶので、競馬場遊び、オススメです☆

ちなみに、4月19日(日)は中山競馬場では皐月賞が行われるので、たぶん混むと思います・・・。









posted by ともこ at 10:00| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 子連れでお出かけ♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/417326541
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。