2012年04月11日

ヨーカ堂の春雨と京客隆のパン粉@北京

ウチの近所にはヨーカ堂がないので、ときどき調味料や食材の買い出しに行きます。良く行くのは亜運村のヨーカ堂なのですが、望京の方に用事があったので、ついでに望京のヨーカ堂に行ってきました。

中国のヨーカ堂にもPB商品があって、ヨーカ堂の緑豆春雨(中国語で「粉絲」)が、ワタシ的にはかなりオススメです!

20120411_yokado01.JPG


粉絲なんてどれも同じかと思いきや、ヨーカ堂の「華堂粉絲」はちょっとコシがあるというか、食感がいいんです。
コシ有り系がお好きな方は、好きな食感なんじゃないかなぁ〜と思います。

そして、やはり日系製品!と思わせるのが、この気配り!

20120411_yokado02.JPG
個装5パック入り 210gで7元ぐらい。

粉絲が1回分ずつビニール個装されていて、しかもそのひと固まりが他のメーカーのものより小さめなんです。
一般に売られている粉絲の1ブロックって、ウチ的には多く、戻す前にハサミで半分に切ってから使うこともあったので、小さめ個装は「さすがヨーカ堂!」って感じです。

鍋をするとき、粉絲をガッツリ食べたい時には2パック、そうでもない時やサラダに使う時などは1パックを使っています。
この大きさ、便利なので、ヨーカ堂に行った時にはまとめ買いをしています。

@@@

前回UPしたホットドッグに使ったソーセージはコレ。

20120411_yokado03.JPG
1パック16元


ニッポンハムから出ている燻製ソーセージ。
皮がパリっとしていて美味しかったです。

あと、写真を撮り忘れてしまったのだけど、ヨーカ堂の冷凍コーナーには、日本製のどら焼きが売っているんですヨ!
5個入りで18元!
北京価格だと安い方です。(日系公寓内スーパーで売られている、冷凍ではないどら焼きは5個入りで67元ぐらいするのでビックリ!)
冷凍で長持ちするので、これもヨーカ堂に行くと、2パックぐらいまとめ買いして、大切に食べています♪

日系スーパーと言えば海鮮!・・・というわけでもないのかもしれませんが、ヨーカ堂ではエビがよく特売になっています。
これも、他のスーパーよりも質のいいものが安いので、冷凍のエビもヨーカ堂に行った時にまとめ買いをしています。

@@@

日系スーパーは生鮮食品がイノチなんだなぁ〜と、ヨーカ堂に行くたびに思います。
わたしの感想では、果物は、京客隆、カルフール、ウォルマート、BHGなどの他のスーパーと比べて、ヨーカ堂が一番質がいいと思うんですよね。売っている時点でまず“汚くない”。
日本では当たり前のことなのですが、これがローカルのみならず、カルフールでも、量り売りの野菜や果物が見た目からして汚いんです。
土が付いている、とか、形が不ぞろい、という意味ではなくて、傷んでいたり、傷が付いていたりして、不衛生な感じがするのです。
その点、ヨーカ堂の果物は綺麗だし、実際に美味しいです。
野菜にも力を入れているな〜って思います。
なので、果物をたっぷり買いたいときには、ヨーカ堂に行くことにしています。

亜運村と望京だと、やはりちょっと品揃えが違います。
亜運村店の方には、キューピーのマヨネーズの300gのパックがあるのだけど、望京店の方は、150gパックしか置いていない、とか。
日本人的には、やはり亜運村店の方が欲しいものがあるように思います。

※春雨、どらやきは亜運村店、望京店両方にありました。ソーセージは亜運村店は未確認。

@@@

キューピーマヨネーズの150gチューブパック・・・と言えば、これはローカルスーパーの京客隆でも売られていて感激☆
ローカルスーパーでキューピーマヨネーズの瓶じゃないパッケージのものが買えるなんて、便利な世の中になったものです♪
京客隆では、最近パン粉が売られているのを発見しました!

20120411_panko.JPG
1パック4元ちょっと。
まだ使っていないので、味や食感については不明。

今までパン粉が欲しい時には日系公寓内にあるスーパーに買いに行っていたので、ローカルスーパーで廉価に入手できるようになって嬉しいです。

中国人も家庭でフライなんかを作るようになってきたんですね〜。
スーパーの品揃えで、中国人の家庭料理の変容が伺えます。

@@@

「日食について知ろう」、開催します☆
詳細はコチラ





posted by ともこ at 12:00| 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | キッチン(料理) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月10日

カルボナーラ風卵サンドでピクニック♪@北京・朝陽公園

ホットドッグに関するコラムを読んでいたら、無性にホットドッグが食べたくなり、コッペパンを焼きました。ホームベーカリーがあるので、生地はマシーンが作ってくれるから、意外と簡単に作れます。

コラムはニューヨークのホットドッグの話だったのだけど、わたしが作るのはカレー味のキャベツが挟まった「大阪のホットドッグ」!

▼過去関連記事今回も↑と同じレシピでコッペパンを焼きました。

20120410_hanami001.JPG
この生地、やっぱり美味しい♪


コッペパンができたら、外で食べたくなったので、お花見がてら週末にまた朝陽公園に行って、ピクニック気分を味わってきました♪



20120410_hanami004.JPG
「大阪のホットドッグ」と、去年作って美味しかったので、
今年も作った“カルボナーラ風卵サンド”
普通の卵サンドに小さく切って焼いたカリカリベーコンとブラックペッパーを
入れただけなんだけど、ウマイです☆
クックにも載せちゃったヨ!





20120410_hanami005.JPG



20120410_hanami007.JPG


P太郎を連れていたら、通りかかる人がどんどん声をかけてくれます。

「何カ月?」

とみんな聞くので、

「4カ月です」

と答えるんだけど、隣にシートを敷いていた中国人ファミリーの30代ぐらいの男性もP太郎を見に来て、もう1回「え?何カ月?」と聞き返すので、また「4カ月です」と答えると、なんと!そこの赤ちゃんも4カ月。P太郎と誕生日も5日違いだったのです。

喜んだお父さんが、ショーグンに「抱っこしてみて!」と、自分のところの赤ちゃんを連れてきました。

そちらの赤ちゃんを見て納得!

ビッグベビー☆

4カ月だけど10kgですって!P太郎は6600g。
むこうさんの赤ちゃんのほうが1.5倍ぐらい大きいです。

生まれた時も4000g以上あったとかで、同じ4カ月とは思えないほど大きな赤ちゃんでした。(P太郎は3170gでした)
あまりにサイズが違うので、お父さん、2度聞きしちゃったんですね〜。

大きいからか、首もしっかりとすわっていました。
P太郎は、80%ぐらいすわったって感じです。

向こうのお母さんもやってきて、「寝返りできる?」と聞いてきました。

P太郎、4カ月に入る1日前の朝、クルンと一人で寝がえりが出来たんです。
ビッグベビーちゃんは、身体が大きいからか、寝返りはまだだって言ってました。
この時期、個人差が大きいんですね〜。


20120410_hanami006.JPG
P太郎、どや顔の寝がえり。


他にも、子供がいる家族も、いないカップルも、とにかく通りかかる人の殆どがP太郎に話しかけていってくれました。
中国人って、日本人より子供好きですよね〜。

@@@

20120410_hanami003.JPG
西門から入ると、こんな看板が。
南門まで1500m。
朝陽公園は広いので、行き倒れないように気を付けて!

20120410_hanami002.JPG
天気が良い日には、結婚用写真を撮るカップルがあちこちにいます。


20120410_hanami008.JPG
自力でこぎつつ移動できる!
みんなで飲みながら、サイクリングできるよ!

20120410_hanami009.JPG
まさに百花繚乱☆


20120410_hanami010.JPG
北京はレンギョウを植えている場所が多くて、
鮮やかな黄色がまぶしいです!



@@@

「日食について知ろう」、開催します☆
詳細はコチラ










posted by ともこ at 16:19| 北京 | Comment(2) | TrackBack(0) | キッチン(料理) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月03日

腐乳の中華野菜炒め@北京

街の噂では、この春から北京の日本人人口がグッと増えるとか。

今や駐在員の数がニューヨークを抜いて世界第1位となったと言われている上海と異なり、政府機関がある北京の駐在の方は管理職レベルの方が多いため、年齢層が比較的高く、人数も上海ほど多くはありませんでした。
(上海には日本人学校が2校ありますが、北京は1校)

“世界の工場”が、中国からベトナムやバングラディッシュに移行したため、日本の駐在員も減少しつつあった時期もあったのですが、その後、“世界の消費者”として中国の経済力が注目され、今度はセールスの為に日本から多くの企業が進出してくるようになり、再び駐在員の方の数も増えて来ているようです。
企業の駐在の方のみならず、この1~2年は、飲食店や美容院なども次々と市場開拓のために中国に進出されてきているようで、北京でも日系の飲食店や美容院がとても増えました。

…という、日経的話題からググッと社会面な話になるのですけど、「北京に駐在」って聞いて、特にお子様がいらっしゃる方など、食の安全が気になるところだと思います。

先に結論を言っちゃいますと、まぁ、北京でも二万人弱日本人が住んでいまして、それなりに楽しくやってますんで、まず大丈夫です。

日本でもどこでも、100%の安全って保障出来ないと思うのですけど、選択肢が多い程、自衛はある程度できると思うのですね。
北京でも、例えば野菜を買うにしても、市場・ローカルスーパー・外資系スーパー・無農薬野菜のデリバリーと選択肢はあります。
肉も同じで、市場・ローカルスーパー・外資系スーパー・日系の肉屋さんがあります。
お米も、同じぐらいの選択肢があります。

北京在住の日本人の方々は、フリーペーパーや口コミ情報を駆使して、より安全で美味しい食材情報を集め、生活をしています。
海外ですから多少の不便はありますが、日本と比べて人件費が安い分デリバリーが発達しているので、意外と便利に暮らせるんですよ。

@@@

・・・という流れで、潤田農園の野菜です。
ワタシ、潤田さんから何のマージンももらっていませんが^^;、自分自身が潤田さんを知る以前、特に生で食べる野菜や葉物野菜がなかなか北京で食べられず、潤田さんのおかげで安心できる野菜生活が送れているので、その感謝も込めて、たびたびブログで紹介させてもらっているのです。
(ちょうど妊娠が分かった時期だったので、本当に有難かったです。)

ちょうど1年前、潤田さんが日本人向けに無農薬野菜の宅配を開始されたとき、農園見学をさせてもらったのですが、今年もまた、見学会が開催されるようです。
4月29日に行われるようなので、ご興味のある方は是非実際に農園を見に行ってみてください。
去年は、4歳ぐらいのお子さんが何人かいらっしゃったのですが、生のピーマンを生噛りしたりして、お子さんも楽しんでいましたよ。

詳細は、ロイヤルクイーンさんのブログを御参照下さい♪

▼去年の潤田農園見学会の記事

@@@

わたしは今、3kgコースを半年契約でお願いしているのですが、今の時期だと葉物野菜が多いので、1回につき、これぐらい宅配されてきます。

20120403_4.JPG


20120403_6.JPG

20120403_5.JPG


結構なボリュームでしょ?
これらを2人で1週間かけて消費するので、かなり良質な“野菜生活”が送れていると思います。
半年契約だと1回あたりのお値段は88元になります。
この量の野菜を、ヨーカ堂やBHGの有機野菜コーナーで買うと、88元以上すると思うので、お値段的にもそれほど高くは無いと思うのです。

@@@

潤田農園の宅配システムは、3kgコースの場合、希望の野菜を2種類セレクトできます。あと、不要な野菜もセレクトできます。
あとは、潤田さんが適当に見つくろった野菜を入れてくれます。

毎週、どんな野菜が入っているのか楽しみなんですけど、「これ、どうやって食べたらいいんだろう」という中国野菜が入っていることが多く、チャレンジ精神を刺激されます。

中国では、葉物野菜もまず炒めますから、炒めれば間違いないんですけどね。
名前もわからない野菜もありますが、まぁ、炒めています。
あとは、ナムル。

中国野菜は加熱しても味や食感がしっかりとしているものが多いので、淡泊なお浸しだと味が強すぎる気がするので、ナムルぐらいがちょうど美味しく頂けるように思います。

なので、ウチでは、よくわからない葉物野菜が入っていた時は、

・ナムル化
・スープ化
・炒め化

のローテーションで消化しているのですが、この炒め物、中華風にするには、“炒”の上の“爆”で加熱するとお店風に美味しくなります。
“爆”は、“炒”より、より高い温度で炒める調理方法で、家で作る場合も、火力を最大にしてガーッと一気に炒めます。

油を加熱して→みじん切りのニンニクを投入→すぐに野菜を投入、味付けは塩ぐらいでOKですが、ここに塩代わりに「腐乳[fu3ru3;ふ〜る〜]」を使うと、一味違った野菜炒めになります。

20120403_3.JPG
紅麹を使ったものは赤い“腐乳”になります。
このままでもちょっとした酒のつまみになります。
1瓶10元前後かな?

ニオイが強烈な「臭豆腐」と間違われることがありますが、
別物です。



「腐乳」は、豆腐に麹をつけ、塩水中で発酵させた食品で、よく瓶詰で売られていますが、そのままお粥と一緒に食べたりもします。
味は、よく日本の“酒盗”に似ていると言われていますが、わたしは“酒盗”を食べたことが無いのでどれぐらい似ているのかわかりません・・・。
あと、沖縄料理に使う“豆腐よう”とはほぼ同じみたいです。(“豆腐よう”のルーツは“腐乳”らしいです)
Wikiの“豆腐よう”のページに麹菌発酵の効果で酒とエダムチーズを合わせたような味わいが特徴」って書いてあって超美味しそうなんですけど、“腐乳”もそういうニュアンスがあります。
北京で食べるお粥は味が付いていないので、しょっぱい“腐乳”と合わせて食べると、美味しんですよね!

20120403_1.JPG
ターサイが来た時も、腐乳で炒めました。

20120403_2.JPG
わたしは1ブロック使って炒めていますが、
味に好き嫌いがあると思うので、最初は半ブロックくらいから
味を見ながら使っても良いかと思います。


@@@

今、日本では塩麹がブームみたいで、(日本の)スーパーでも軒並み売り切れていました。
この腐乳、塩麹的に使えそうな気がします。

また、何か美味しく料理できたら、UPしますね〜。

@@@

「日食について知ろう」、開催します☆
詳細はコチラ






ラベル:腐乳
posted by ともこ at 18:00| 北京 | Comment(2) | TrackBack(0) | キッチン(料理) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月29日

春の味覚を市場でゲット♪@北京

前記事のP太郎初散歩の翌日は、北京の最高気温は25℃(!)と発表されていたので、今度はベビーカーで近所をぐるりとお散歩してみました。
その後も、最高気温20℃越えの日が続いているので、ベビーカーで毎日お散歩しています。

今まで、タクシーなどで外出をするとき、P太郎は車に乗り込むとすぐに目を閉じていたのです。
寝ているのかな?と思ったのですが、本当に寝ているときは頬が弛緩しているので、寝ているのではなくて、「固く目を閉じている」っていう感じなんですね。
その内、本当に寝ちゃうんですけど、毎回そうなので、ベビーの専門の方とおしゃべりする機会があったので、聞いてみたところ、外出したての赤ちゃんは、外に出て、目から入ってくる情報が多すぎると、それをシャットアウトするために、目を閉じてしまうことがあるんだそうです。

ベビーカーでの外出も同じで、最初の内は乗っている間中、P太郎はずーーーーっと目を閉じていたんです。
ベビーカーデビュー3日目になって、やっと、帰りにちょっと目を開けていました。
やっと慣れてきたみたいです。
今はまだ、対面式に座っていますが、ベビーカーに慣れて、首がすわって来たら、外が見える格好でお散歩できますね♪
外を楽しめるようになると、外出ももっと楽しくなりますね〜☆

@@@

外も温かくなって、P太郎連れで外出できるようになったので、春の味覚を探しに、市場まで行ってきました。ちょうど良い散歩の距離です。

春の味覚と言えば、筍。

もう出ているかな〜と思って行ってみたら・・・ありました♪

20120329_001.JPG
筍・アスパラ・アボカドと
北京の春の味覚・香椿を購入。

筍は、1斤確か7元で、これは約750gだったので、10元(約125円!)ちょっと。
ちょうど同じ日に、東京の母がスーパーで同じく筍を買った、とメールに書いてあったのですが、20センチちょっとで690円ですって!う〜ん・・・東京の物価はやっぱり高いっすね〜。

アスパラは1斤10元ぐらいだったかな?
アボカドは(春の味覚ってわけじゃないけど・・・^^;)1個12元。

真ん中の赤っぽい葉っぱは、北京の春の味覚・香椿[xiang1chun1;しゃんちゅん]。


20120329_002.JPG
辞書で調べると「チャンチンの若葉」と書いてありましたが、
「チャンチン」って言われてもわからないよね・・・。
あ、「サン牧」には出てきたなぁ。

20120329_004.JPG


たぶん日本には無い野菜だと思うのだけど、ちょっとタラの芽に似ている、木の芽のような野菜です。
独特の香りがあって、細かく刻んで、生のまま冷や奴風の豆腐にのせたり、卵と一緒に炒めるのがスタンダードな食べ方です。
北京のレストランには一年中メニューに出ていますが、この時期以外は恐らく冷凍の香椿を使っていると思うので、やはり香りがフレッシュな香椿を楽しむのは、この時期に限ります。


20120329_003.JPG
桑の実も売っていましたよ。
1パック7元。
これを見ると、「春が来たんだなぁ」と思います。
桑の実は、中国語だと「桑葚(sang1shen4)」、英語だと「mulberry」。

20120329_010.JPG
ダブルベリーヨーグルトで♪

野菜は永安賓館並びの市場にて購入。
桑の実は、この市場の横の道を入って、CD屋の横の門を
抜けたところの果物屋にて購入。



▼過去の桑の実関連記事
北京の春はマルベリー☆(2010.0412)

http://weeklychinalife.seesaa.net/article/195395358.html

市場でフレッシュな春の味覚をゲット。
さっそく晩御飯のテーブルに並べました♪

@@@

▼筍の茹で方は、いつもこちらのレシピを参照させて頂いています♪


20120329_005.JPG


20120329_009.JPG
筍ご飯&筍のお吸い物

Cpicon たけのこご飯 by とほほ


20120329_008.JPG
筍の土佐煮
かつおぶしを混ぜるのを忘れたので、最後に振りかけました。

Cpicon 筍の土佐煮 by りなまる

筍ご飯と土佐煮は、毎年このレシピで作っています。


20120329_006.JPG
アスパラガスは、ランチではサラダにして食べたので、
夕食では炒め物にしてみました。

Cpicon アスパラと豚肉の中華風ピリ辛炒め♪ by りこぴんmama

豆板醤入りで美味しかったです☆


20120329_007.JPG
香椿の卵炒め。
卵をさっと炒めて、塩で軽く味付けをして、
最後に刻んだ香椿を投入。
炒めすぎないようにさっと混ぜて出来上がり☆

わたしは大好きな味なのだけど、
セロリ・香菜・フェンネルなどが苦手なショーグンは、
「土臭い・・・」
と言って、あまりお好きではありません。
人に依っては好き嫌いのある味だと思います。

北京の春御膳でした〜♪


posted by ともこ at 17:00| 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | キッチン(料理) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月30日

ローラアシュレイUT*ピリ辛揚げ焼きサンマ@北京

去年、ユニクロ×キャスキッドソンのコラボTで大興奮したワタシ(記事はこちら)。

今年はなんと!ローラアシュレイですってよ、奥さん!
本日1月30日より、ユニクロオンラインストアで先行発売されています!@Japan

ローラアシュレイって、自由が丘に路面店があって、以前は敷居が高くて外から見ていただけだったのだけど、去年あたり改装をして、コンセプト変更をしたのか、入口がオープンになり、雑貨類を全面に押し出したディスプレイになり入りやすくなったので、勇気を出して(?)入ってみたところ、店内、なぜか若い20代の韓国人がたくさんいました。
その時だけだったのかもしれないけど、自由が丘も新宿・銀座化しているのか、と驚いた次第です。

で、その自由が丘のローラアシュレイ、雑貨類が多いのだけど、ローラアシュレイに詳しくないわたしには、キャスキッドソンとの区別がよくつきません・・・。
つか、ローラアシュレイって、服屋さんだと思っていたので。
服のイメージはあるんだけど、雑貨って、キャスと一緒じゃね?みたいな。

そんなローラなので、UTもなんとなくキャスと似ている気もしますが、ローラアシュレイが1500円で買えるなら、買っておかねば!という、昨年のキャス同様の妙な義務感に迫られ、1枚買っちゃいました!
普段、ローラアシュレイなんて着ないのにね〜。
まぁ、UTのローラアシュレイ買った人の9割ぐらいは、普段ローラアシュレイを着ない人だと思いますが。

ってことで、2月12日まで送料無料だそうですよ、奥さん!
スヌーピーコラボTも同時新発売だったので、これも1枚買っちゃったわ。

※受取は日本にしています。
幸い、来月帰国するので、実家宛に送っておきました。
北京のユニクロにも来ると思いますよ。キャスも来ていたから。
日本より競争率が低そうなので(中国人女子は日本人女子より、キャス的なデザイン、好きでは無いみたいです)そうそう売り切れないと思います。たぶん・・・ですが。

ユニクロオンラインショップ

@@@

北京では海水魚の質があまりよくなくて、日本のようにスーパーで手軽に美味しい魚が買えないため、買って来るのは冷凍モノが多くなります。
市場まで行けばそれなりの質のものが入手できないこともないんだけど、今、外出がままならないし、鮮魚のある市場まで日常で行くのは面倒くさいしね〜。

で、ショーグンが買ってきてくれた冷凍サンマですが、見るからにそのまま焼いて食べるにはイマイチそうだったので、味付け加工して食べてみたら、これはOKOK!!!ってことで、最近定番化しているのが、このレシピ。

Cpicon ピリ辛揚げ焼き秋刀魚♪ご飯が止まらない〜 by Sweet821


20120130_samma2.JPG
骨はあるので、わたしは取ってますが、
お酢入りで多少柔らかくなっているので、
ショーグンは骨ごと食べちゃってます。


豆板醤の辛味が程良く効いていて、美味しいです☆
魚に片栗粉をまぶして→フライパンで焼いて→合わせ調味料で仕上げるだけ!

サンマのワタの取り方ですが、これもクックでめっちゃ素晴らしい方法が載ってました。
まぁ、見てください♪

※多少グロ注意!
















サンマ的には屈辱的な姿ですが。

この方法だと、頭をゆっくりまっすぐに引っ張ると、ズズズーーーーーっとワタが引き抜かれちゃうんですよ!
面白いぐらいに綺麗に取れるので、ワタを取るお料理の時には、是非お試しを〜☆


@@@

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村 


posted by ともこ at 17:00| 北京 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | キッチン(料理) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月26日

水菜の浅漬けとドライパセリ@北京

宅配をお願いしている潤田農園さんの野菜は、無農薬・有機肥料ということで、一番嬉しいのは生で食べるような葉物野菜です。

この季節は瓜系が無いため、葉物が多いのか、毎回お届け用の箱いっぱいに葉物野菜が入っているので、毎週中を見るのが楽しみです。

どっさりと入っている水菜は、一部サラダ用に残しておき、あとは以前ブログでもご紹介したレシピで、浅漬けにしています。

▼参考にさせて頂いているレシピ
Cpicon 【農家のレシピ】水菜(壬生菜)の浅漬け by FarmersK


20120125_3.JPG
塩・昆布・唐辛子とビニール袋だけで作れて、
すごく美味しい♪


20120125_1.JPG
水菜が来たらすぐにこれを作って、
冷蔵庫に常備しています☆
漬物があると1品助かるし、
これをご飯にまぶして食べると菜飯になって美味しいんだよね〜♪

@@@

先週は、パセリが両手にどっさり持てるほど入っていました。
パセリって、味のアクセントになるんだけど、1回にそんなに使わないんだよね・・・。

ってことで、その日使う分だけ置いておいて、あとはレンチンで乾燥させて、ドライパセリにしておきました。


20120125_2.JPG
茎の部分は焦げちゃうので葉だけとり、
キッチンペーパーにのせて電子レンジへ。
出力にも依りますが、まず1分加熱してみて、
その後は葉の乾燥具合を見ながら調整します。
パリッパリになって、手で葉が粉々に崩れるぐらいになったら完成!


20120125_4.JPG
両手に乗るほどの大量のパセリも、
乾燥させたら小さなタッパ1個分になっちゃいました!

ドリアを作る時、ガーリックバターライスに入れたり、
インスタントのカップスープに散らしたり・・・。
ドライにして置くと長持ちして重宝します!

@@@

20120125_ticket.JPG
春節の期間、バスチケットが春節仕様になります!
ショーグンがコレクション(?)していて、
毎年春節チケットが出てくると、バスカードを使わず、
現金払いにして、チケットをもらってきます。


posted by ともこ at 12:00| 北京 | Comment(2) | TrackBack(0) | キッチン(料理) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月25日

20分でできる!時短レシピ*白菜のクリーム煮と名古屋風手羽先*

年が明けてからは、徐々に家事にも復帰していますが、なんせしょっちゅう授乳しなくてはならず、まとまった時間が取れないため、食事も短時間で作れるレシピが重宝しています。

冬野菜ということで、宅配をお願いしている潤田農園さんの野菜にも、立派で綺麗な白菜が丸ごと1個入っていることもあります。
白菜はいろいろな料理に使えるので便利ですよね!

最近気に入っているのが、このレシピです。

Cpicon 簡単すぐできる☆白菜のクリーム煮 by かにころ



20120122_1.JPG
シメジが無かったので、ベーコン&シイタケで。
予想以上にボリュームがありました!
多めに作って、翌日パスタにかけてもいいかも☆


あんまり魅力的に撮れていないのが残念ですが、白菜のクリームシチューで、しっかりと主食級にボリュームもあり、身体もあったまるのに、作るのは15分ぐらいかな?超時短レシピです。
で、美味しい!
和や中華で白菜を使った後は、こんな洋な白菜料理も新鮮で良いです♪

※クリーム煮でおっぱいが詰まる場合もあるようなので、授乳中の方はご注意ください!

@@@

シチューの後ろにコッソリ写っているのは、名古屋風手羽先。
名古屋の手羽先と言えば、『世界の山ちゃん』が有名ですが、わたしも川崎店に良く通ってました♪
安くて美味しいよね〜。

で、その山ちゃん風を目指したレシピなんですけど、調味料は3つ。
手順は、手羽先を揚げる→合わせ調味料に漬ける、という2ステップのみ!
超〜簡単だけど、味は結構イケてると思います!
(ウチの母は手羽先が苦手なんだけど、このレシピを教えてあげてからは、この食べ方だけは好きで、自分でも作って食べているぐらいなんです!)

20120122_3.JPG

Cpicon 超簡単☆名古屋風手羽先☆ by まゆげねこ

たま〜に登場する、自分レシピ!


【名古屋風手羽先】

材料:
手羽先 お好みの量
醤油・みりん 同量(手羽先に合わせてお好みの量)
胡椒  お好みの量

作り方:

1.醤油・みりん・胡椒を合わせておく。(胡椒は多めの方が美味しいヨ!)

2.
20120122_2.JPG

手羽先を(衣等何もつけず)160度ぐらいのやや低めの温度で、20分じっくりと揚げる。(時々ひっくり返してね)

3.じっくり揚げた手羽先を、熱い内に「1」の合わせ調味料に漬ける。
味が付いたら、お皿に盛って完成☆

@@@

1回読んだだけで覚えちゃえるようなレシピでしょ?

北京で買う手羽先は、日本のよりもブリブリと大きいけれど、20分じっくり揚げると、かなりカリっとなって、手羽先の脂っぽさが苦手な人(わたしも若干苦手・・・)でも食べられます。
日本の小さめの手羽先だったら、より一層カリカリになるよ!(手羽元とかでもOK!)

手羽先を揚げている間に、サラダなど他の料理を作っちゃえるので便利です。
写真にあるような、野菜サラダ+クリーム煮+手羽先のメニューだったら、30分あればできちゃいます。
赤ちゃんがいると、家事も時間との戦いですね〜。

@@@

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村 






posted by ともこ at 12:00| 北京 | Comment(2) | TrackBack(0) | キッチン(料理) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月30日

チェジュ島トルハルバンゆず茶*手作り胡麻豆腐*白菜のサラダ@北京の家飯

ゆず茶がめっちゃ好きでして、寒くなってくると「ゆず茶飲みた〜い♪」と思うようになるのですが、韓国製のゆず茶は望京の韓国スーパーでも結構高い。

去年、たしか冬の初めにSOLANA地下のBHGでゆず茶の特売をしていたから、今年もするかしら〜♪と思ってチェックしていたら・・・特売、アリマシタ!
今年はなんと!!!このゆず茶が特売に!(たぶん、今もやっていると思います。)


20111128_1.JPG

☆チェジュ島トルハルバン柚子茶☆

通常60元ほどするものが、37.9元に!
1Kg入りだけど、たぶんひと冬中に一人で飲んでしまいます♪



これ、プラスチックじゃなくて、瓶なんですよ!
しかも、1kg入りだから、めっちゃ重い!
ゆず茶好きな方なら気になっていたと思われる、この奇妙なおっさん型の瓶に入った「済州島トルハルバンゆず茶」
不気味なフォームにちょっと憧れていたわたしは、これが特売になっていたので、買わないわけにはいかない☆

成分を見ても、「柚子 55% 白砂糖 45%」とシンプルそのもの。
ゆず茶を買うときは、柚子の含有量を見るのですけど、中国産のものは安いけど柚子の含有量が少なかったり、いろいろと他のものが入っていたりします。

早速飲んでいますが、もうガッツリ柚子が入っていて、美味しい♪
ゆず茶を飲んで、最後は柚子をスプーンで掬って食べています。
1回で2度オイシイ☆
トルハルバンの瓶もとっておこう♪

ゆず茶好きな方は、是非この機会にBHGへ!
(25日の時点では特価だったのだけど、終わっていたらゴメンナサイ!)

@@@

食材の整理をしていたら、中国で買った葛粉を発見!


20111130_hakusai01.JPG

湖北省産
以前、湖北省に行ったとき空港の売店で買ったんだっけ?
或いは、サマセット1Fのライオンマートで買ったような気もする・・・
記憶不明。



ウチに葛粉なんてあったんだ〜!・・・ということで、前々から食べたかった胡麻豆腐を作ってみました♪


20111130_hakusai08.JPG

わさび醤油で食べると、ちょっとした料亭の味☆

▼参考レシピ
Cpicon とろ〜り♪ごま豆腐 by まほじょ



クックでレシピを探して作ってみたのだけど、想像以上に簡単でした♪
水で葛粉を溶いて、加熱して、調味料や胡麻ペーストを入れて、冷ますだけ!

北京では、鍋のタレに胡麻だれを使うのが一般的なので、美味しい胡麻ペーストが普通に売られています。
白胡麻が多いけど、品揃えが良いところだと、黒胡麻ペーストもあります。
BHGなんかには、結構いろんな種類があった気がするんだけど。
(特に、お鍋の季節の今はたくさん売られていると思います)

今回は、かなりネットリとした白胡麻ペーストで作ってみました。

材料が少ないから、葛の食感と胡麻ペーストと水の味に左右されると思うし、こういうシンプルな料理は、失敗すると物凄く不味いものができてしまうので、ちょっとドキドキだったのですが、予想以上に美味しくできて、カンゲキ☆
料亭の味っぽい仕上がりになりましたヨ!(←って、料亭なんて殆ど行ったこと無いんですけど^^;イメージイメージ☆)

砂糖も入っているので甘みがあって、レシピにも書いてあるように、黒蜜をかけたらお菓子にもなりそうな味です。

想像以上に簡単で美味しくできたので、今度は黒胡麻ペーストで作ってみようかな?

片栗粉で作る胡麻豆腐のレシピもクックパッドにはたくさん載っているので、葛粉が無くても作れそうですよ。
(「胡麻豆腐 片栗粉」のワードで検索してみて♪) 

ってことで、この日の夕食。

20111130_hakusai09.JPG
ひじきの炊き込みご飯・大根の味噌汁
胡麻豆腐・ささみのチーズ青紫蘇サンド揚げ
白菜とツナのサラダ



ひじきの炊き込みご飯は、今まで使っていたレシピだと炊く前に炒めるので、もち米を使うか、お餅を入れないとご飯がパラパラになってしまったのですが、今回のレシピは炒めないので、ご飯だけでも美味しくできました。
ただ、やっぱりもち米を入れた方がより美味しくなりそうなので、炒めないレシピでももち米はあったほうがいいなぁ、と思いました。
レシピ的には炒めるほうがコクがあって美味しかったように思います。
・・・ってことで、餅も無くなって来たことだし、もち米をちょっとだけ買おうかな?と思う今日この頃。

▼最初に炒めるレシピ
Cpicon ひじきときのこの炊き込み御飯 by はるかるび

▼炒めずに炊きこんでしまうレシピ
Cpicon *素朴な味♪ひじきの炊き込みご飯* by shokenママ

※どちらも美味しかったです☆

ささみは、このチーズと青紫蘇を挟んで揚げたものが一番好きな食べ方♪
イワシだったら、梅紫蘇だよね〜♪

紫蘇は、先日大量に頂いたものを、できるだけ長く楽しめるように、これもクックを検索して冷蔵庫で保存中。
頂いてから10日ほど経つけど、まだめっちゃ新鮮デス!
紫蘇って、1回にそれほど大量に使わないけど、ちょっと使うとめっちゃ美味しくなるので、この保存方法はホント、助かる!

Cpicon 長持ち1番☆場所最小★大葉の保存☆ by yumiracle


白菜とツナのサラダは、昔、コールスローを作ろうと思ったけどキャベツが無くて、試しに白菜で作ってみたところ、こっちの方が美味しかったので、以後、白菜で作っています。



20111130_hakusai05_logo.jpg


これは珍しく(?)わたしのオリジナル♪
レシピはクックにUPしています。

Cpicon 白菜とツナのコールスロー風サラダ by まゆげねこ



冬は白菜が美味しいし、食感もキャベツより良い気がします。
最初に塩で水分を絞るので、サラダにしてからも水分が出てこないから、2日目でもベシャベシャにならないし、白菜をガッツリ生で食べられるので、冬のサラダにお勧めですよ〜♪

@@@

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村 



posted by ともこ at 12:00| 北京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | キッチン(料理) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月28日

北京で出産することと、“トマト鍋”@北京・家飯

北京で出産する、というと、「日本からどなたか来られるんですか?」と聞かれます。



誰も来ません。



・・・というと、驚かれてしまうのですが、これは我々の親族が冷たい人たちだから、というわけではなく、“もし、日本から母がヘルプに来てくれたら・・・”という状況を脳内シュミレーションしてみたのです。

1.中国語ができない。

これ、大きいです。
来てもらうとしたらウチの母が一番用事等頼みやすいんですけど、もし出産時に来てくれても、病院のスタッフと意思疎通ができない(病院スタッフは日本語はできない)。病院には1人しか付き添い宿泊できないので、この1人を母にする、という選択ができない。言葉が通じないと、緊急時に困りますからね。
(ショーグンと2人態勢ってことで)エキストラベッドを入れられるのかも知れないけど、母にわたしの入院中、ずっと病院に泊まってもらう、というのも、母自身がしんどそうだし・・・。
病院に通ってもらうにも、ショーグンの付き添いが無ければ移動できないと思うのです。

2.ウチの近所にスーパーが無い。

退院後、食事等の世話のために来てもらうとしても、簡単な食材を調達しようと思っても、最寄りのお店(ジェニー・ルーになるんだけど)まで片道徒歩10分。
ちゃんと買い物をしようと思ったら、スーパーまでは片道徒歩20分。
食材や日用品って結構重いし、必需品をデリバリーで済ませるにも限界があるし、この距離を、北京に不慣れな母に歩かせるには、ちょっと・・・。
一人では、道を渡るのもままならないと思います。
わたしはスーパーに行く時は、バスで2駅なのでバス利用なのですけど、北京に慣れていない母がすぐにバスを利用できるとも思えないしね。
(今住んでいるマンションには売店は無いのです)

3.12月の北京は寒いっ!。

来てもらうとしたら、12月上〜中旬ということになるのだけど、北京は今の時点で最低気温が既に零下。
12月になれば、もしかしたら最高気温すら零下になってしまうかも。
乾燥も激しいし、北京の気候に不慣れな母に生活してもらうには、厳しすぎる気候だと思います。

4.娯楽が無い。

ウチは日本語放送が入らないので、暇な時に寛いでもらうことができません。
観光で来ていたらずっと外に出ているのでいいと思うのだけど、寒い季節に部屋の中に籠りっきりで、TVも見られないとなると、結構ストレスが溜まると思うんですよね。
「遊びに行くわけでは無いんだから・・・」とは言っても、やっぱり寛ぎたいでしょ?

+++

実際に、出産時に日本からお母さんなどが来て下さった方のお話を聞いても、「母の方が風邪をひいてしまい、その看病が大変だった」「あとになって両親から『あの時は軟禁されているようで、かなり辛かった』と言われて、ショックだった」という話も聞くにつれ、ウチもそうなる・・・と思っています。

日本人の方が多く住んでいるサービスアパートメントの場合だったら、敷地内にある程度の生活用品が揃うスーパーがあるし、日本語のTV放送も入るし、敷地内にレストランやカフェがあるところも多いのでたまには息抜きもできるため、日本から来てくれた人も日本とあまり変わらない環境でヘルプができると思うのですが、ウチの場合は、まず無理です・・・。

特に最初の1ヶ月は、公安局や領事部などに出生の届けに行く事務手続きなどもタイトにあるので、北京で機敏に動けるショーグンをフルに活用したほうが良い、との結論に達した、というわけです。

北京の気候が良くなる春から初夏頃であれば、ベビーカーを押しながら一緒に新緑の公園を散策したり、こ洒落たレストランでランチを食べる♪なんてこともできるようになるので、むしろその時に来てもらった方がお互いに楽しい、ということになりました。

先日実家から、日本のネットショップやオークションで購入した、出産・育児に必要な物品を送ってもらった際、レトルト食品も入れてもらったので、わたしが動けない期間は、これらの援助物資と、デリバリー、テイクアウト料理とショーグンのがんばりで乗り切ろうと思っています♪

@@@

そんなこんなな日々なのですが、また鍋を作りました。

▼つい最近作った鍋
“茼蒿”と“蒿子[禾干]”とつくね鍋@北京・家飯 (2011.11.23)

去年作って美味しかったので、また食べたくなった『トマト鍋』。

以前帰国時に、ちょうど日本が家食ブームで、“鍋の素”がたくさん売られており、その中の「トマト鍋の素」を使って鍋を作ったらとても美味しかったのです。
鍋の素を買って帰るのは重いけど、なんとかあぁいう味を再現できないかな〜と思ってクックを見ていたら、やっぱりレシピがありましたよ♪

▼参考レシピ
Cpicon 食べ過ぎ注意♪激うま!トマト鍋★ by すがみほ



20111128_2.JPG


レシピでは「ヤマサの昆布つゆ」と書かれていますが、ウチには無いので、常備している「鎌田のだし醤油」を使ってみました。
この「鎌田のだし醤油」、まさに“ダシ”と“醤油”の中間の使い方ができるので、あると便利です。

鎌田のだし醤油200ml 1本

鎌田のだし醤油200ml 1本
価格:273円(税込、送料別)


【鎌田のだし醤油】
200mlサイズの小さな紙製パックに入ってるだし醤油で、他にもポン酢醤油とかサラダ醤油、さしみ醤油など醤油の種類がたくさんあって、実家でも愛用しています。
最近香川県改め「うどん県」となった讃岐の醤油屋さんなので、関西風の味わいが美味しいです。

うどん県にようこそ。香川県はうどん県になりました。


最初は日本のネットショップで買っていたら、それを知ったうどん県在住の弟夫婦が、「この会社、ウチの近所・・・」と言って、以後、御近所の本店で買って来てくれるようになりました♪

水とだし醤油とトマト缶でスープを作って、ちょっと味が足りなかったのでコンソメを1粒追加投入。
その後、煮込むために玉ねぎ・ニンジン・ベーコン・ソーセージも先に投入。

玉ねぎが甘くなってきたら、ジャガイモ・ブロッコリーと白菜(←キャベツの方が合いそうなんだけど、家に白菜があったので・・・。まぁ悪く無かったデス)を投入。
春雨の代わりに、スパゲティーを2つ折りに入れたり、マカロニを入れたりしてみました。

この時点でも結構美味しいのだけど、お楽しみはこのあとの“おじや”ですよね〜。
ベーコンやソーセージ、そして野菜の煮込みスープがたっぷり出たトマトスープに、ご飯を投入☆
これは、美味しくないはずが無い!!!


20111128_3.JPG


ご飯を煮立たせたあと、卵を投入。
そして、最後に溶けるタイプのスライスチーズを投入し、その後はチーズの味を堪能するためにあまりかき混ぜない。


20111128_4.JPG


この“洋風おじや”、最高にウマいっ!!!
食べすぎちゃうね〜☆

寒い日には、やっぱりお鍋だネ!

@@@

鍋を頻発しているのには理由があって、鍋って準備も後片付けも簡単で、栄養もあるし、美味しいし、まず“失敗”ということが無い。
わたしが動けない期間、料理が得意ではないショーグンも、鍋ならハードルも高くないだろうと・・・。
直前に鍋を何種類か食べておけば、実際に作る段になって、イメージが湧きやすいし、作りやすいだろうということもあって、最近、頻繁に鍋をしている、というわけです。

トマト鍋なら、週1でもいいよ〜♪

@@@

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村 

posted by ともこ at 12:00| 北京 | Comment(8) | TrackBack(0) | キッチン(料理) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月27日

加ト吉の冷凍うどんと「カルボうどん」@北京

最近我が家でハマっているランチがコレ。



パスタははクリーム派かトマト派かというと断然トマト派で、家で作る時も、外で食べる時も、まずトマト系を食べるので、カルボナーラはあまり作らないし、食べないんです。(ショーグンはクリーム派で、カルボナーラ大好き。)

でも、このレシピのトップに書かれている「カルボナーラのうどんバージョン。モチモチのうどんに濃厚なソースがからんで最高です♪スパゲティよりもおいしいかも!?」というコメントを見て、

むむむ・・・うどんなら、美味しいかも・・・!!!

と生唾を飲み込んだのです。

以前、北京歴20年以上の大ベテラン先輩と、“北京の日本食材で美味しいもの”の話をしていた時、

「加ト吉の冷凍うどんは、イケてますよね〜」

という話題になったのですが、加ト吉の冷凍うどん、1パック5元ちょっとで、コレ、本当にイケてるので、我が家の常備食になっています。
まぁ、イケてるって言っても、日本で言えば99ショップで売られている冷凍うどんレベルの味なんですけど、お値段もローカル価格で、冷凍うどんらしくコシもあるので、我が家では、パスタ用の明太子ソースを絡めて、刻み海苔とかつおぶしをトッピングして、ちょっとだけ醤油を垂らして食べるのが、ちょっとしたランチの贅沢なんです♪

あのコシのある冷凍うどんをカルボナーラにしたら、それは美味しそう・・・♪

ってことで、作ってみましたら案の定めっさ美味しくて、よく作っています。

「つくれぽ」に書いている人もいるけど、わたしもパスタのカルボナーラより、この冷凍うどんバージョンのカルボうどんのほうが好きです☆

加ト吉の冷凍うどん、万歳☆

※加ト吉の冷凍うどんは、フレッシュネスやライオンマート、ヨーカ堂(亜運村店)等で売っています。
(あとは、日本人が多く住んでいるマンションに付属しているスーパー)
SOLANA地下のBHGでも取り扱いが始まったようですが、ある時と無い時があって、不安定です。


@@@

にほんブログ村 海外生活ブログ 北京情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村 



posted by ともこ at 14:00| 北京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | キッチン(料理) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。